【高校地理】ナイジェリアまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】ナイジェリアで覚えておきたいところについてまとめています。

ナイジェリア 概要

ナイジェリアの土地は、村あるいは共同体に属し、これを耕作する農民には利用権が認められている。最近は、私的土地所有制度が生まれ つつある。耕作形態は移動耕作・低木休園・屋敷畑における恒常耕作などがみられ、低木休閑が最も広い面積を占める。

  • 移動耕作…植生が十分発達している土地を伐採・火入れによって開き、2~3年耕作した後、15年間休関する。
  • 低木休閑…植生の回復が不十分な土地を火入れによって開き、3~6年耕作したのち、15年間休関する。
  • 屋敷畑…住居の周辺にある耕地であり、集約的な利用が行なわれている。
スポンサーリンク

ナイジェリア 農業

作物の栽培は、同一耕地に多種の作物を同時に栽培する混作 (同時栽培)が、一般的である。混作は、単位面積当たりの作物 全体の収量を上げ、密植することにより雑草の繁茂や土壌浸食を防ぐことなどを意図したものである。農家の経営は零細で、一家族当たり0.4~2ヘクタールの土地を耕作するにすぎない。その生産物は主として自給用で、余剰が販売される。

農作業は手労働で、各種の鍬・鎌・なた・斧・ナイフ・堀棒 (ハック)が用いられ、機械化は遅れている。肥料は草木灰・家庭ゴミ・あり塚の有機物や微細な土壌などで、化学肥料はほとんど使用されない。

ナイジェリアの換金作物は、地域の気候・土地条件に適した作目が選ばれ、北部のハウサ・フラニ人地域はおもに落花生・ 綿花を、西部のイボ人地域はココアとオイルパームを、東部のヨルバ人地域は南部でオイルパームを栽培している。彼らにとって、自給作物栽培は副次的であるが、そのお陰で換金作物を低価格で輸出することが可能となっている。

ナイジェリア 工業

ナイジェリアは、1960年頃から石油生産でも外貨を得られるようになっているが、油田の多くが石油メジャーの支配するところで、国営石油会社は技術的に未熟で、まだ石油の富を十分に獲得できないでいる。

  • 国際石油資本…先進資本主義国の巨大な多国籍企業で、かつては石油の生産・流通をすべておさえ、産油国を支配していた。OPEC(石油輸出国機構)による資源ナショナリズムの動きの中で、生産部門の支配力は低下したが、今なお影響力は大きい

その他の国・地域

以上が、【高校地理】ナイジェリアまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク