【高校倫理】荻生徂徠とは?

シェアする

スポンサーリンク

荻生徂徠

荻生徂徠(1666年から1728年没・儒学者)は、伊藤仁斎の古義学を攻撃し、『弁道』『弁名」を著して、より徹底した古文辞学を創始した。古文辞とは、中国語としての古典を中国語で発音し、制度文物の研究も総合して、「先王の道」を探究することである。

また、徳川吉宗の内命によって

  • 『太平策』
  • 『政談』

を著わし「経世済民(世をおさめ民をすくう)政治学としての徂徠を展開した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る