【現代社会】イギリスとアメリカの政治制度の要点

シェアする

スポンサーリンク

【現代社会】イギリスとアメリカの政治制度の要点についてまとめています。

イギリスの政治制度

  • (体制)…議院内閣制で不信任と解散あり。
    議院内閣制… 内閣が国民の意思を代表す る国会の信任のもとにつくられており,国会に対して責任を負うしくみをいう。
  • (政党)…二大政党制・労働党と保守党
    野党…「影の内閣」(政権交代に備えた機婦内閣)を組織。
  • (行政):首相と閣僚は、全員が国会議員を兼任。三権が密接に関連
    三権…国家権力を立法権、行政権、司法権の3つの権力に分散し、それぞれ権力を独立した機関に分担させることを、権力分立(三権分立)といいます。
  • (優越):下院優越の原則…内閣不信任決議権、予算先議権
  • (違憲立法審査権):なし。
    違憲立法審査権(法令審査権)…法律・命令などが憲法に違反していないかどうかを判断する権限
  • (首相の選出):下院第一党の党首を、国王が任命。

アメリカの政治制度

  • (体制)…大統領制で、大統領に強権(行政府の長、軍の司令官など)。
  • (政党)…二大政党制でm共和党と民主党
  • (行政):大統領と各省長官は国会議員との兼任不可。三権が厳格に分立
  • (大統領から議会)…解散権・法案提出権なし→立法に対して行政は口出し不可
    例外…教書(=議会への施策要請書) 、拒否権(=議会通過法案に署名しない)
  • (優越):上院がやや優越・条約の批准権、高級官僚の任命権
  • (違憲立法審査権):あり。
  • (大統領の選出):間接選挙(各州人口比例で選出の大統領選挙人が州民を代表して大統領候補に投票)
スポンサーリンク

大統領の選出方法

まず州ごとの選挙で、州の勝利政党を決める。そこで、1票でも多かった政党が州の選挙人人数枠を独占(=勝者独占方式)し、彼らの投票で大統領決定。選挙人は支持政党を明示しているから、勝者独占の段階ですべては決まる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る