中央大学経済学部で2020年度入試から高大接続入学試験を導入

シェアする

スポンサーリンク

2020年度入試から、中央大学経済学部では高大接続入学試験が導入されます。これまでの活動経験を評価対象とする入試で、過去に取得した資格や実績が評価されます。

中央大学経済学部「高大接続入試」

中央大学経済学部に入学後、学習計画や将来の構想が明確で、これまでの活動経験を学びやその後の進路において活用できると自己アピールできる人が対象となる入試です。高大接続入試の対象となるのは、経済学部の経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科となっています。

AO入試タイプの入試ですので、アドミッション・ポリシーをしっかりと確認し、自分に合う大学なのかを確認することが重要です。

スポンサーリンク

高大接続入試の2タイプ

中央大学経済学部で2020年度入試から実施される高大接続入試には、資格・実績評価型、自己推薦型の2つのタイプがあります。

資格・実績評価型

過去に取得した資格や実績が広く評価される入試タイプです。商業科等で簿記や情報処理の勉学に励んだ学生や、中央大学で高校生対象の講座を受講した学生などが対象となりそうです。

  • 日本商工会議所主催簿記検定2級以上または全国商業高校主催簿記実務検定1級の合格者
  • 情報処理推進機構が実施する基本情報技術者試験、応用情報技術者試験の合格者
  • 中央大学主催の高校生地球環境論文賞または都道府県レベル以上の広域で募集する環境問題、社会福祉、社会保障問題をテーマとする懸賞論文で入選以上の表彰を受けた者
  • 2017年1月1日から2020年3月31日までの間に国際バカロレア資格を取得もしくは取得見込みの者
  • 中央大学で2018~2019年度の「経済入門」を履修し、B以上の成績を修めた者-が対象。筆記試験(小論文、外国語)と面接で選考する。

自己推薦型

課外活動などを盛んに行い、プレゼンテーションやディスカッションが得意な生徒が対象となる入試になりそうです。

  • 自身が関心や問題意識を持ったテーマについて社会や地域、NPO法人などと連動した活動に取り組んでいる者が対象

1次試験として小論文と外国語、2次試験では15分程度のプレゼンテーションが実施されます。

中央大学とは

おなじみMARCHを構成する東京の私立大学で、1885年に英吉利法律学校として創立されたことからもわかるように法学部が有名な大学です。学部は全6学部で法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部、理工学部があり、文系中心の学部構成となっています。

学生数は約25,000人程で、キャンパスは2か所あり、法学部・商学部・文学部・総合政策学部・経済学部の文系学部が利用する多摩キャンパスと、理工学部が利用する後楽園キャンパスがあります。

中央大学経済学部のアドミッション・ポリシー

経済学部では、冷静な思考力と温かい心を持った国際的な視野に立つ経済人を養成することを理念とし、次のような目標を持つ学生を求めています。

  • 私たちの生活の基礎となる経済の仕組みについて専門的に学びたい学生
  • 論理的な思考力と、プレゼンテーション能力を身につけたい学生
  • パソコンを使った情報処理技術や、会計の専門知識を身につけたい学生
  • 企業や官公庁、国連、NGOなどで、経済の専門知識を活かしたい学生
  • 環境問題、福祉政策の専門知識を身につけ、地域社会に貢献したい学生
  • 将来ロースクールなど専門職大学院に入って、経済に強い専門家を目指す学生
  • 将来大学院に入って、より高度な経済学を学ぶことを目指す学生
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る