【高校倫理】老子の思想とは?

シェアする

スポンサーリンク

老子

老子は、諸子百家の一人で、「大道廃れて仁義あり」儒家が仁義の道(人倫)を説くのは、本来の「道(自然の大道)」が廃れているからであると儒家を批判した。

本来の「(自然の大道)」とは

  • 無為自然(わざとらしい作為のない姿)」
  • 「上善は水の若し」(『老子』)と柔和で謙虚な争わない心(「柔弱謙下」)

で生きることを善とした。また、本来の「道(自然の大道)」の政治を「小国寡民(素朴で柔和な心の人の住む小国家)」で満足すべしと説いた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る