【高校倫理】ウパニシャッド哲学とは?

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理12】ウパニシャッド哲学について記述しています。バラモン教から前7世紀頃、ウバニシャッド哲学が生まれた。ウパニシャッドとは、『ヴェーダ』の最後にある哲学的文献群で、語義は「近くに座る」(動詞)で、師から高弟だけに伝える秘密の教えである。

  • バラモン教…インド古代の宗教。バラモンが司祭し指導したためヨーロッパ人が便宜的につけた名称。仏教興起以前のヒンドゥー教をいい、そのうちの最古の段階を「ベーダの宗教」ということもある。
【高校倫理】世界三大宗教とは?
宗教とは、「信仰」と「救済」が重要といわれる。英語の「宗教(Religion)」は、「再び(神と人を)結びつける」いう意味がある。 世界三…

ウパニシャッド哲学

ウパニシャッド哲学は、「輪廻転生」「霊魂不滅」「因果応報」の基本思想からなる。つまり、「業(行為¥カルマ)」によって、つぎの「輪廻転生(来世)」が定まるという思想である。生物は永遠に生まれ変わり苦しみ続け、来世は前世の業(カルマ)によって決定し、カーストも「因果応報(自業自得)」と考えるインド人の死生観である。

スポンサーリンク

輪廻転生

この輪廻転生から脱出(解脱)するには、瞑想や苦行をとおして、宇宙を支配する神秘的な力(ブラフマン)に直接触れる神秘的体験をする以外ないと考えられた。古代ギリシャ思想が合理(知性)的哲学へ向かったのとは対照的である。

梵我一如

ウパニシャッド哲学の神秘的体験は、梵我一如(ぼんがいちにょ)である。「梵(ブラフマン・宇宙を支配する力)」と「我(アートマン・輪廻する真の我)とが合一する体験である。この神秘的体験によって、永遠に繰り返される生と死の苦しみのドラマから解放されるという「梵(ブラフマン)」と「我(アートマン)」の合一(同一性)という一元論の思想である。自然界の摂理は「食物連鎖」であり、世界は「無常」であり、苦しみに満ち、苦悩の繰り返しである輪廻転生からの脱出は、解脱(解って脱する)しかないと考え、ヨーガや断食などの苦行や結跏趺坐(けっかふざ)などの瞑想をするのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る