【高校倫理】平安仏教とは?

シェアする

スポンサーリンク

平安仏教

平安仏教は、現在につながる宗派の始まりであり、最澄空海に代表される現世利益を求める「貴族仏教」、山岳信仰と結びついた「山岳仏教」の性格がある。この時代には、本地垂迹説(神は仏の仮の姿)のような日本独特の神仏習合思想が興ってきた。役小角(えんのおづ)がその開祖とされる修験道 (修験者・山伏)は、奈良時代に成立し、深山幽谷で厳しい修行をする思想で、「密教」と深く結びついていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る