【高校倫理】入試やテストによく出る覚えておきたい用語まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】入試やテストによく出る覚えておきたい用語まとめです。

高校倫理 用語

スポンサーリンク

青年期

  • 自我…「他人と区別された自分」という意識。「異性が気になる。」「親と話したくない」など他者を意識する感覚。
  • 葛藤…両立できない複数の欲求への迷いのこと。
  • 心理的離乳…ホリングワースがしてきた、親からの心理的独立。
  • マージナルマン…レヴィンの言葉。青年期は大人でも子供でもない、不安定な時期。

確認【高校倫理】青年期とは?

  • エス(イド)…無意識にある本能的行動。リピドー(性的衝動)が源泉。
  • エゴ(自我)…エスとスーパーエゴを調節(社会への適応のため)。
  • スーパーエゴ(超自我)…幼少期に学ぶ道徳的良心(自我の検閲者)

確認【高校倫理】青年期の課題

  • 葛藤(コンフリクト)…二つ以上の欲求の選択に迷う
  • ダブルバインド…二重拘束
  • 代償…欲求不満を代わりのもので満足させようとする心理
  • 同一視…自分を他人と同一にみて満足を得ようとする心理
  • 投射…自分の好ましくない欲求を他 人の欲求と思い込む心理
  • 逃避…現実での困難な欲求から空想や宗教へ逃げ込む心理

確認【高校倫理】精神分析

思想

  • 自然哲学…自然(フィシス)の法則・理論(ロゴス)を探究
  • ロゴス…ロゴス(理性)によって考え、自然のロゴス(法則、秩序)をとらえ、ロゴス(言葉、論理)によって表現するというように、多義性を持つ用語
  • テオーリア(観想)…ロゴス(アルケー)が何であるかを探究していくこと

確認【高校倫理】自然哲学

  • 無知の知…「知らないことを知っている」という意味
  • 主知主義…徳(アレテー)の実践は、知ることで可能となる主義。逆に知っていなければ実践できないという古代ギリシアの思想

確認【高校倫理】ソクラテス

  • 想起…人間の魂が想い起こすという認識方法
  • アナムネーシス…魂(理性)による理想的な美や善を認識する方法

確認【高校倫理】プラトン

  • コペルニクス的転回…考え方が正反対に転換するたとえで、カントは自分の認識論をそう表現した。
  • 超越論的…超越(物自体)に関する認識の意味で 自己の認識の限界を自覚することであり、同時に限界の自覚は限界を超えることにつながる。
  • 道徳法則…理性的な存在としての人間が道徳的行為をなそうとするとき、従わなければならない法則を道徳法則(道徳律)という。カントは、道徳法則は普遍妥当的(いつどこでも、誰にでもあてはまるもの)でなければならないとした。
  • 定言命法 …(例)常に(無条件で)困っている人を助けなさい。→普遍妥当的
  • 仮言命法 …(例)世間のあなたへの評価を高めたければ、困っている人を助けなさい。→評価を高めなくてよければ助けなくてよい→普遍妥当的でない

確認【高校倫理】カントの観念論

  • 帰納法…「観察」で得られたたくさんの「事実」を比較し、共通する原理や法則を導き出す思考方法である。しかし、これまでの観察の結果という蓋然性にとどまる「仮説」を導き出す方法と考えるべきである

確認【高校倫理】ベーコンの経験論・帰納法

  • 幽冥論(ゆうめいろん)…天神道の立場からの霊魂観・死後世界観・来世観である。これまで神道で扱わなかった霊魂や死後の世界を、民間信仰的シャーマニズムとして復活させたものである。

確認【高校倫理】国学思想

宗教

  • 神の愛(アガペー)…無差別・平等で見返りを求めない無償の愛である。神が人間を憐れみ同情する価値によらず (価値あるものも価値のないものも)愛し与え続ける「思いやり」のような愛
  • プラトンのエロース…不完全な人間が価値あると認めたものごと(人や物や 知識など)を求め続ける「向上心」のような愛
  • スコラ哲学(神学)…骨温(神)は存在するかという普遍観念をめぐる神学上の問題「普遍論争)で、11 世紀後半から12世紀まで約100年間続いた「実在論」(Realism, アンセルムスが 代表者)と「修交会」(Norminalism, アベラールが代表者)との論争である。

確認【高校倫理】キリスト教

  • 煩悩…心身を乱し悩ませ、正しい判断を妨げる心の働き
  • 三毒…苦の原因である。むさぼり、怒り、愚かさ。
  • 我執…自己中心的な執着心
  • 無明…人生のさまざまな苦しみの根源(根本)的無知
  • 涅槃(ニルヴァーナ)…法(ダルマ、真理)を悟り、煩悩の炎が消えた状態

確認【高校倫理】仏陀(ブッダ・シッダールタ)の教え

  • 忍辱…怨み妬みのない寛容な心と悲惨や恥辱を耐え忍ぶ心である。
  • 精進…ただひたすら進んでいく混じりけのない役でありる。
  • 布施…財や法や安心などさまざまな施しをさせていただくという心である。

確認【高校倫理】大乗仏教思想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク