【高校倫理】デモクリトスとは?

シェアする

スポンサーリンク

デモクリトス

前460年ごろから前370年ごろ没で、アルケーを原子(アトム)とし、万物の根源を、それ以上分割できない物質の最小単位(原子)とした。アトムが、空虚(空間)の中を運動して、結合・ 分離を繰り返し世界が成立していると考えた。魂(精神)や自由を否定した。

【高校倫理】自然哲学とは?
【高校倫理04】自然哲学「観想の態度」についてまとめています。自然哲学とは、自然(フィシス)の法則・理論(ロゴス)を探究したものです。 自…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る