センター試験倫理で9割を取る勉強法!

シェアする

センター試験倫理で傾向を知って点数を取る対策・勉強法についてまとめています。

センター倫理の勉強法

まずは、教科書の精読でしょう。そのあとで、倫理は、過去問を利用しながら実戦の中で得点を伸ばしていくことが大事でしょう。ただ問題を解いてやりっぱなしにするのではなく、間違った問題のその周辺情報やその単元について復習することがポイントです。

スポンサーリンク

テーマ別に抑える

過去問をやる中で、自分の不得意な単元やテーマが出てくると思います。たとえば、プラトン、ホッブズ、ロールズ、老子、幸徳秋水などなど倫理で学ぶ人物または年代、グラフ・統計、正誤問題などです。そのように、テーマ別の薄い問題集をやる中で、不得意な単元を習得していきましょう。

高校倫理「入試によく出る覚えておくべき人物まとめ」
今回は、センター入試や大学入試よく出る人物をまとめてみました。この記事に出ててくる人物は、最低限おさえておくべき人物で、一人でも欠かしてしま…

関係性もおさえる

マルクスがヘーゲルの影響を強く受けているように、ほとんどの思想家は他の思想家の影響を受けています。そのため一人をしっかり押さえるときには、他の人物や思想とのつながりも一緒にとらえていきましょう。その際に、「誰が」と「どういうことを言ったのか」を意識し覚えることも大事です。

【高校倫理】覚えておきたい三大思想
ヘレニズム思想 ヘレニズム時代は、アレクサンドロス帝国やローマ帝国などの世界帝国が成立すると、ポリスという規制がはずれて、個人としていかに…

丸暗記ではなく、背景を!

思想家が活躍した時代や、直面した問題の背景もしっかりおさえておきましょう。背景を押さえておくと、今の時代や自分とは関係がないように見えた思想が近くに見え、格段に覚えやすくなります。

現代社会

倫理は毎年傾向がはっきりしているので、対策がしやすいです。特に、第1問で毎年出題されている、現代の社会については、普段から社会の動きや問題点に関心を持っておけばどのようなテーマ設定の問題が出題されても有利にはたらきますので、日常ニュースにはアンテナを張っておきたいものです。

2020年度大学入試時事問題対策「覚えておきたい時事用語一覧」
2020年度大学入試用「時事用語」対策!小論文や面接などの対策にも題して、時事的な出来事、用語をそれぞれワンポイントで概要や説明を入れていま…

センター倫理の傾向

「倫理」は毎年大問4題構成です。大枠は、以下のようになります。

  • 大問1:青年期、現代社会について
  • 大問2:東洋、西洋の源流思想
  • 大問3:日本思想
  • 大問4:西洋近代思想

ポイント

傾向として用語の意味や思想の内容などの知識を問う問題が多いですが、どの大問にも長めのリード文が付いていて、そこで述べられていることについて問われます。そればかりでなく、文章を読んでの読解問題やグラフの読み取り問題など思考力も問われています。

2020年度「倫理」センター試験対策!出題傾向分析
2020年度センター試験「倫理」に関する情報をお伝えします。センター試験では「倫理」と「センター倫理、政治・経済」の2つに分かれますが、今回…
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る