大学入試小論文教育学部テーマの考察と解答例

シェアする

スポンサーリンク

大学入試小論文で中でも「教育学部」でよく出題されるテーマについての考察と解答例の記事です。

大学教育問題

「大学教育問題」についての考察です。大学教育は、昨今、「就職予備校」と言われるなど、本来あるべき姿であろう、アカデミックの体をなしていないともいわれるまです。一方で、実社会で直接、役立つ技能を教えていくべきでだという主張もあります。教育学部志望者は、このあたりの主張に対して、自分の意見をもっておくことが望ましいでしょう。それでは、教育学部の頻出小論文テーマ「大学教育問題」についての考察です。

課題文のなかで、筆者は、現在の日本における大学教育の何が問題で、今後どのような変化が必要であると述べているのか、200 字以内で説明しなさい。

筆者は、若者の離職率が高いことを問題視している。大学教育においての学びが、職業生活に活かされる機会が少ないことを原因としている。この問題への対策として、大学が職業教育を重視する必要があると考えている。特に文科系の学部に対しては、大学での学びはさておき、偏差値を職務選考基準としている会社が多い。したがって、文科系の定員を減少させる、もしくは業務遂行に役立つ科目を徹底させる必要があると述べている。

スポンサーリンク

解決すべき課題

現代社会で起こっている解決すべき課題の具体例を一つあげ、それに対処するために大学で学んだことがどのように役立つと考えられるかを、400 字以内で述べなさい。その際、課題文で述べられている「教養教育」と「職業教育」の特長に関連付けなさい。

私は、現代社会で起こっている解決すべき課題として、就職する大卒生の意識不足を挙げる。最近の大卒就職者の意識調査において、「安定を求める」という項目は上昇傾向があり、「自分のやりたいことがしたい」という項目は減少傾向がある。この現状を見れば、若者の離職の最も大きい理由に納得がいく。

大学に入学する際には、大抵の大学は事前に学部を決定する。しかし本当にその学問を学びたいと思って決める人がどれほどいるだろうか。中途半端な気持ちで学問の奥義を極めることは不可能である。そのため私は、リベラルアーツを基本理念に置き、ゆっくりと自分が学びたい分野を選べる環境を整えることが必要だと考える。有能な職業人として働くためには、本当に好きだと思える学問に出会うまでの時間が必要なの出願書類
日本の難関大学の入試は難しい。合格が意欲を持て勉学に励んだ結果ならば、その意欲のさらなる向上は必ず意識改革となる。

添削・講評➊

①ゆっくり、たっぷりなど小さな「っ」は避ける。→ゆっくりは、「身を据えて」「時間をかけて」「しだいに」

②“その際、課題文で述べられている「教養教育」と「職業教育」の特長に関連付けなさい。”とあるので、それがわかるように論を展開したほうがいい。具体的には、「教養教育」と「職業教育」の言葉をいれるということ。教養教育の特長に~があるがなどと使う。

③“現代社会で起こっている解決すべき課題の具体例”とあるので、「教養教育」と「職業教育」の特長に関連づけやすい、より書きやすい例を挙げてもよかったかもしれませんね。

たとえば、現代社会で起こっている解決すべき課題を地方創生としましょう。

多種多様な地域の人とコミュニケーションをとり便宜をはかるためには、教養教育が必要。

政策の実行には、経済論、法律論など直接仕事に生かせる専門的な職業教育が必要。

よって、それぞれの教育を大学で学ぶことは、地方創生を実現のために役立つ

そういう趣旨のことを期待した課題だったのではないでしょうか。

教育哲学

小論文テーマ「教育哲学」についての考察です。教育の哲学そのものについてを論じさせる課題が出されることも少なくありません。近代以降、その教育について哲学者も多いので、著名な教育哲学者についての考えについては頭にいれておくことがいいでしょう。

教育する者(親・教師)と学習する者(子供・生徒)の関係について、資料1、資料2、資料3のそれぞれから読み取れるカント、デューイ、アーレントの考え方は、どのような点で共通し、どのような点で食い違ったり、対立したりしていますか。900字以内で記しなさい。

<ある人の解答例>
教育は、子どもが潜在的な能力を活かす機会を奪ってはならないという考えは、三者間で一致する。しかし、学校の意義や役割から見出だす、教育者と学習者の在り方については意見の相違が目立つ。

まず、カントは学校という集団生活の中で、教師による統治と子どもの自由との均衡を取ることの難しさを懸念している。そこでは、生徒が社会において不可避な抵抗を感じ取り、強制されながらも自由を行使する能力を身に付ける必要がある。だが、その際には留意すべきことがある。将来、他者の配慮に依存しないためという強制の意味を、子ども自身に対して明確に示すということだ。そして強制的でありながら奴隷的ではない教育を目指す。

カントの目指す教育は中立的であるが、デューイは完全に子どもの自由を主張し、子どもが教育の中心にいるべきだとしている。学校は、大抵の家庭で比較的貧弱に、偶然的に行われていることを、組織的に、かつ大規模に行う場である。カントと対立する点として、デューイは学校においての支配者は子どもであるとしている。また、その環境の中の仕事や関係は子どもの成長のためではなく、子どもがそれらから獲得するものは付随的なものであると考える。

最も教師による統治を支持しているのは、アーレントである。子どもの独立を尊重しようとすると、子どもの世界は絶対化されてしまう。さらに、教育する者と学習する者との関係を断ち切り、子どもが成人への準備段階であることをごまかしてしまう。ゆえに、教育者は権威に対する責任を持ち、既存の世界を代表する立場であるべきだ。そしてその教育者は若者を大人の世界に導く必要があるという点は、アーレントとカントと共通している。さらに、アーレントは、学校の機能は生きる技法を指導することではなく、世界がどのようなものであるかを教えることであるという見解をしている。これは、自ら生計を立てることの困難さを認識させようとするカントの意志に反する。アーレントの根本的な学校の在り方はデューイのそれとは正反対の意見である。しかし、アーレントとデューイの教育者は教育の領域を、公的領域から明確に分離して学習者に接すべきだという志向は同様である。

前提

<前提1 生きた時代が違う>

  • 旧教育 カント(1724-1804)
  • 新教育(近代) デューイ(1859-1952) アーレント(1906-1975)

<前提2 予備知識(教養)として、それぞれの教育観を知っておくといいでしょう。>

  • カント 教育は特定の社会に順応することを目標とするのではなくて、世界主義的な人間そのものの完成を目標。
  • デューイ 学校そのものを小型の「社会」、子どもの生活の場としての「共同体」にしていくことが目的
  • アーレント 教育は家庭重視。「学校」は「公的なもの」と「私的なもの」を媒介する位置。教育は、子どもVS大人の構図で大人の旧価値を思いっきり子供にぶつけること。

添削・好評➋

(教育する者(親・教師)と学習する者(子供・生徒)の関係以外の教育や学校の在り方について触れている点は、蛇足的。

登場人物が多いときは、主語が誰かはっきりさせたほうがいいので、この点はよい。

<より体系的にするため>
(例1)
「3人の共通点は、こうだ。
xについては、AとBは共通し、Cとは対立している。
しかしながら、yについて、AとBは対立している。
一方では、zについては、AとCは共通している。」

(例2)
「3人の共通点は、こうだ。
AとBの共通点は、xだ。
AとCの共通点は、yだ。
BとCの共通点は、zだ。
3人の意見が対立しているのが、pだ。」など

など流れの柱(今回は比較項目)を決めて書くといいでしょう。また、このように比較させるときは、マトリクスを作ることもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る