▶ YouTubeで授業動画配信中

大学入試小論文対策「小論文と現代文の違い」

スポンサーリンク

小論文と現代文の違い

小論文の書き方

小論文試験は国語の現代文とは明確な違いがあります。それは、現代文は問題文で提示されたパーツだけを用いてより素晴らしい作品を仕上げた人が評価されますが、小論文では自分で各種のパーツを答案に持ち込んだ上で、素晴らしい作品を仕上げた人が評価される試験です。

ということは、小論文は事前にしっかりと勉強してきた人と勉強してこなかった人の差が開きやすい試験とも言えます。小論文の対策をしっかりと行ったうえで受験に臨むようにしましょう。

小論文では最初と最後に答えを書く

小論文を書く際の最大のポイントは「わかりやすさ」です。設問に対してシンプルにわかりやすくズバリと答えを書くことが最善ではないでしょうか。複雑な表現技法やテクニックは蛇足でしかありません。読み手のことを考えて書くようにしましょう。

その際に有効なのが、最初と最後に、あなたの主張や答えなどをしっかりと述べることです。最初に主張や答えを明示することで、この論文で何が言いたいのかが明確になります。また、その主張に基づいて内容を構成していけばよいので、推敲もシンプルになりスラスラと書くことができます。最後も印象を残すために主張を繰り返すようにしましょう。

まとめ
小論文の練習は、できるなら早いうちから始めておきたいものです。早ければ早いほどいいと思います。小論文の権威に以前インタヴューしたことがありますが、「いい小論文を書くには、本気でそのテーマと向き合うことが大切で、何度も推敲を重ね苦しみながら生み出すのもである」という言葉が強く印象に残っています。

時間をかけて小論文の書き方をマスターして、どんなテーマが来てもすらすらと書けるように日頃から特訓しておきましょう。

小論文で気をつけたい表現

小論文の超基礎編を習得した後は、実際の小論文で多用してしまう気を付けたい表現について見ていきましょう。あなたもこの表現を連発していませんか。

大学入試小論文講座
大学入試小論文講座の紹介
一人にひとりに志望大学・志望学科に合わせて、プロ講師が添削指導します。添削結果は、提出後24時間以内に返却されるので、スピード感をもって、小論文対策が可能です。ぜひ、小論文対策でお困りの方は、詳細ページを見てみてください。回数制なので短期間での受講も可能です。
小論文対策
スポンサーリンク
シェアする
TEKIBO

コメント

テキストのコピーはできません。