【高校倫理】ルネサンスの三大画家とは?

シェアする

スポンサーリンク

ルネサンスの三大画家

  • レオナルド=ダ=ヴィンチ (1452年から1519年没)…「最後の晩置」「モナリザ」。絵画のほか、彫刻・建築・音楽・解剖学・天文学・物理学・機械学・土木工学などのあらゆる科学・芸術分野に精通し、優れた発明家でもあった。
  • ミケランジェロ(1475年から1564年没)…「最後の審判」・「彫刻ビエタ」。その他、建築、詩などにも優れたいた。
  • ラファエロ (1483年から1520年没)…「アテナイの学堂」「システィーナの聖母子」

特に、イタリア=ルネッサンスにおいて、レオナルド=ダ=ヴィンチとミケランジェロは、あらゆる分野において個人の持つ優れた能力を最大限に発揮する万能人(普遍人)が理想の人間像とされた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る