【高校地理】南アフリカ共和国まとめ|アパルトヘイト・レアメタル

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】南アフリカ共和国で知っておきたいことについてまとめています。

南アフリカ共和国 概要

南アフリカでは、長い間、人種差別の考え方があって、1948年以降はアパルトヘイト(人種隔離政策)によって国民を白人と非白人に分け、食堂やバー・バスや鉄道・海浜や公園のベンチなどの一部、特定部分の利用を白人のみに許し、人種間の結婚をも禁じた。また、黒人労働者の賃金は白人の1割ほどしかないなど、就職と賃金が差別されるだけでなく、教育・医療においても差別を受けた。

先進資本主義国にとって、レアメタルの重要な供給国であったから、南アフリカは強硬にこの政策を続けることができていたのである。

スポンサーリンク

アパルトヘイト撤廃後

アパルトヘイトは東西対立が解けると、国際社会から激しい非難を浴び、経済制裁やオリンピックからの追放などの処分を受けた。また、この差別政策のための警察や社会機構の維持に膨大な財政支出をしなければならず、結局、1991年から1993年に関連法律の廃止と国際社会復帰が行なわれた。

しかし、黒人の熟練労働をはばんできた教育の差別は、高い失業率・犯罪発生率をもたらし、諸外国からの投資を妨げ、南アフリカの経済を劇的に成長させることはできていない。今なお、黒人居住区は灯火や水道の少ない劣悪な居住環境である。

南アフリカの鉱産

南アフリカは豊かな国で、金・銀・白金・ダイヤモンドだけでなく、鉄・マンガン・クロム・ウランなど鉱石に恵まれ、とくにレアメタルは世界有数の産出を誇っている。しかし、主要都市では夜間に外出することが危険であると、今、なお言われている。実際、高い犯罪発生率は、豊かな経済力がなお十分には黒人労働者に分配されていないことが背景にある。

<参考>

  • エジプト…石油製品・液化天然ガス・原油
  • ナイジェリア…原油
  • コートジボワール…石油製品・カカオ・原油
  • ケニア…茶・装飾用切花・野菜・果実
  • 南アフリカ共和国…白金族・鉄鋼・機械類・自動車・石炭

南アフリカの農業

農業は、白人が経営する企業化が進み、最良の土地でブドウ園や果樹・園芸農業を行ない、またトウモロコシをはじめ白人大地主の土地を、土地を持たない黒人が耕してきた。政府は農地改革によって白人から黒人に土地が移るよう誘導しているが、なお不十分で、白人地主が黒人に襲撃される事件が起きている。

南アフリカ共和国 まとめ

鉱産資源が豊富。アパルトヘイトを撤廃。金、ダイヤモンド、レアメタル(希少金属)などの鉱産資源に恵まれ、工業化に成功。かつてアパルトヘイトと呼ばれる黒人などを差別する人種隔離政策をとられていた。なお、黒人と白人との経済格差が残る。

その他の国 復習

以上が、【高校地理】南アフリカ共和国まとめ|アパルトヘイト・レアメタルとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク