最上級の意味を表す原級や比較級の重要表現まとめ

シェアする

スポンサーリンク

最上級の意味を表す原級や比較級の重要表現まとめです。最上級を使わ宇に、「一番~、最も~」という意味を表現する方法があります。そのあたりを最上級表現とあわわせてまとめています。英語では、否定語や比較級やas~asの表現を組みわせることによって、最上級と同じような意味を表すことができます。

最上級の表現

  • 最上級を用いた表現
  • 原級や比較級を用いた最上表現
スポンサーリンク

最上級の重要表現

  • much, by far + the + 最上級~ (ずばぬけて一番~)
    同一物(人)についての比較の最上級は、the をつけない(例)This lake is deepest at this point. (この湖はこの地点が一番深い。)
  • most = very(例)She is a most beautiful girl. (彼女は非常に美しい少女だ。)注意すべきは、一番美しいではありません。
  • the + 最上級=even~(どんな~でも)
  • the least(最も~でない )
  • the last(最も~しそうにない)(例)She is the last girl to be late for school. (彼女は最も学校に遅れそうにない少女だ。)
  • at one’s best (最良の状態で)
  • at best (いくらよくても、せいぜい)
  • not ~ in the least = not ~ at all  (全く~でない)
  • make the most (best) of ~  (~を最大限に利用する)

原級や比較級を用いた最上表現

以下5つの文は、すべて同じ意味になります。

<最上級>
He is the tallest boy in our class.

<比較級>
比較級+ than any other +単数名詞= He is taller than any other boy in our class.
No (other) 単数名詞 + 比較級 ~ than = No other boy in our class is taller than he.

<原級>
No (other) 単数名詞 + as ~as = No other boy in our class is as tall as he.
as ~ as any + 単数名詞= He is as tall as any boy in our class.
as+原級+as any 単数名詞で、「どんな~にも劣らず~だ」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る