旧石器時代と縄文時代との比較(高校日本史)

シェアする

スポンサーリンク

【大学受験・日本史】先土器・旧石器・縄文時代です。すごく過去の話なので、不明な部分やもしかしたら偽りな部分もあったりして、実は、入試問題では出題しづらいところでもありますので、ここは、明確になっている事柄について必要最低限おさえておけばクリアです。

旧石器時代と縄文時代

時代 旧石器時代(~約1万3000年前) 縄文時代(~約2500年前)
地質区分 更新世…氷期と間氷期の繰り返し 完新世…海面上昇, 日本列島誕生
石器区分 打製石器…握槌・石斧・ナイフ形石器 磨製石器…石鏃・石斧・石匙・石皿 尖頭器・細石器骨(角器の製作など)
土器区分 なし 縄文土器(草創・早・前・中・後・晩期)
生活 狩猟・採取 狩猟・採取・漁労
住居 テント式の小屋・洞穴・移住生活 岩宿遺跡(相沢忠洋) 竪穴住居
その他 浜北人、港川人、山下町洞人 アニミズム…土偶・石棒・抜歯・屈葬

約1万年前のころを、世界史的には旧石器時代、日本の考古学的には先土器文化、地質学的には更新世といいます。旧石器時代とは、打製石器のみの時代であることがポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る