農地改革とは?(日本史)

シェアする

スポンサーリンク

農地改革

GHQによっておこなわれた農地改革によって、不在地主の小作地は強制的に買収され、小作人に安く売り渡された。しかし、日本政府によって進められた農地改革が不十分であったため、GHQの勧告をもとに自作農創設特別措置法が成立し、改革はさらに進められた。

<第一次農地改革>
幣原内閣は、農地調整法を改正。しかしながら、GHQは、改革不徹底と指摘。

<第二次農地改革>
吉田茂内閣によって、農地調整法を再改正し、自作農創設特別措置法を制定し、改革を断行。不在地主は貸付農地のすべて、在村地主の1町歩をこえる部分を国が強制買い上げ・売り渡して解散(農地委員会が計画)。

【高校日本史】よく出る「農業・農民に関する歴史」ポイントまとめ
入試によく出る「農業・農民に関する歴史」のまとめです。農業史は、入試でも最も差が出るテーマ史の1つです。センター、私立大学でもよく出題される…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る