【大学入試小論文対策】初めと終わりの時間配分と時間の使い方

シェアする

スポンサーリンク

小論文のテクニックと題して、時間配分と時間の使い方について記述します。なんといっても、小論文は、時間制限の中で、課題文を読み、内容を理解し、自分の考えをめぐらし、それを意見として書いていくといった多くの過程があり、時間配分、時間の使い方がポイントとなります。

初めと終わりの時間配分

  • 開始10分
  • 実際に記述する
  • 終了10分

大きく3つの時間を区切って、構想、記述、確認ということをしていきます。

スポンサーリンク

小論文開始10分が重要

小論文試験での合否を分けるのは試験開始後10分~15分です。この時間の間に、問題を読み、自分の思考を具現化(マップ化)していくことが大切です。

0分~15分

  • (1)制限時間と文字数を確認する。
  • (2)問題を見て、どの型の問題かを判断する。
  • (3)解答用紙の余白に答案マップを作成する。
  • (4)答案マップと原稿用紙のイメージを重ね合わせる。

書き始める(終了10分前まで)

小論文終了10分

  • (1)漢字や句読点等、細かい日本語の修正・確認をする。
  • (2)原稿用紙全体の整形をする。

小論文の時間の使い方まとめ

以上のように、はじめ15分にすべきことは多く、最も大事です。いきなり書き始めるのではなく、文章を理解し、何が問われているのかを吟味したうえで、自分の考えを具現化して、どう展開していくかを決めて、文章家していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る