関係代名詞の所有格のポイント

シェアする

スポンサーリンク

関係代名詞の所有格のポイントをまとめています。関係詞とは、直前にくる名詞(先行詞)を後ろでいろいろと説明、修飾したい場合に、その部分の先頭に置くことばのことを言います。今回は、その中でも所有格の学習です。

関係代名詞の主格のポイント
関係代名詞の主格のポイントをまとめています。関係詞とは、直前にくる名詞(先行詞)を後ろでいろいろと説明、修飾したい場合に、その部分の先頭に置…

関係代名詞の所有格

所有格の関係代名詞は、先行詞の所有物、つまり持ち物の様子を表すことによって先行詞を修飾できる関係代名詞です。先行詞が人のときでも、人以外の物のときでもwhoseが使えます。

  • (例文)Look at the mountain whose top is covered with snow.(頂上が山で覆われた山を見なさい。)
スポンサーリンク

of which

先行詞(物)the 所有物 of which + Vや先行詞(物)the 所有物 of which + S Vで、物+whose+所有物を使った売位と同じ意味を表現することができます。of whichを使うと、堅い表現になります。

  • (例文)This is the restaurant of which atmosphere is very good. (これは雰囲気がとてもいいレストランです。)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る