【高校政治・日本史】戦後の日本政党史

シェアする

戦後の日本政党史

戦後の政党政治は、自民党と社会党を中心に機能していた。

スポンサーリンク

55年体制

・自民党…米国の意向を排した自主憲法を制定し日本を再軍備 したい
・社会党…そうはさせまいと考える

1955年以降が、戦後政治の中心的な枠組みとなっていました。この自民・社会の二大政党制に近い形を「55年体制」と呼んでいます。55年体制の時代の特徴は、自民党が与党で、社会党が野党第一党でした。こうなると、政治は安定してくる。変化がないからです。1960から1970年代にかけて、新政党が増えたため、一時的に不安定になりましたが、長い目で見れば、あまり変化のない時代でした。

政治の腐敗

この場合の安定は、「自民党の政策がずっと続く」ことです。そうなると政治も腐敗してくてきます。この時代には金権政治も拡大し、1980年代には国民の政治不信も高まった。しかしながら、何回選挙をやっても、圧力団体の組織票を持つ自民の天下は崩れない。国民はだんだん選挙に対する関心を失い、投票率は低下していきました。

細川連立政権誕生

この流れに終止符を打ったのは、国民ではなく議員でした。自民党の腐敗政治に、党内の若手議員が反乱を起こしました。1993年、自民党期待の若手・小沢一郎を中心に大量の議員が自民党を離党し新党を結成。これで自民党は衆議院で過半数を割り込み、宮沢喜一内閣の不信任が可決された。その後の選挙でも自民は敗れ、非自民の細川連立政権が誕生した。これが55年体制の終焉だ。

現在の政治体制

自民党は、細川・羽田と非自民政権が人気をなくしていくなか、だれもが驚く大連立をやってのけました。宿敵・社会党と連立します。こうして1994年には村山連立内閣が誕生し、自民党は念願の政権与党に復帰。この後、自民党が政権を譲ることはない。2020年現在、自民・公明の2党で、安倍連立内閣を支えている。

名称 設立年月日 代表者 衆議院 参議院
議席数 議席数
自由民主党 1955年11月15日 安倍晋三 285 113 398
立憲民主党 2017年10月3日 枝野幸男 56 33 89
国民民主党 1996年9月29日 玉木雄一郎 38 22 60
公明党 1964年11月17日 山口那津男 29 28 57
日本維新の会 2015年11月2日 松井一郎 10 16 26
日本共産党 1922年7月15日 志位和夫 12 13 25
社会民主党 1945年11月2日 福島瑞穂 2 2 4
NHKから国民を守る党 2013年6月17日 立花孝志 1 1 2
れいわ新選組 2019年4月1日 山本太郎 0 2 2
希望の党 2018年5月7日 中山成彬 2 0 2
政党そうぞう 2005年12月27日 下地幹郎 1 0 1
沖縄社会大衆党 1950年10月31日 大城一馬 0 1 1
無所属 29 14 43
計(定数) 465 245 710
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る