【高校倫理】ソフィストとは?

シェアする

スポンサーリンク

ソフィスト

  • ソフィスト(知者)とよばれる職業の牧師
  • 多くは植民都市の出身者
  • 高い授業料をとって、青年たちに弁論術や幅広い知識を教えた。

ソフィストは、前5世紀の民主政治を背景に、高い報酬でレトリック(弁論術、修辞学)の技術を教援した。その代表者プロタゴラスの人間は万物の尺度とは、法律もポリスによって違い、寒暖涼暑の感覚も人それぞれで、善悪の倫理るときと場と場合で異なるなど、客観的真理・絶対的価値観はなく、主観的・相対的審理しかないという相対主義を表現しています。したがって、絶対的真理は知り得ないという不可知主義(懐疑主義)の思想を表明。一方、自然哲学者たちは、自然(世界)を対象とし、普遍(絶対的真理であるロゴスを探究したのでした。

【高校倫理】自然哲学とは?
【高校倫理04】自然哲学「観想の態度」についてまとめています。自然哲学とは、自然(フィシス)の法則・理論(ロゴス)を探究したものです。 自…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る