天武天皇(高校日本史)

シェアする

スポンサーリンク

天武天皇

天武天皇は壬申の乱の後、畿内の有力豪族が没落したことにより相対的に権力を強め、親政を行った。天武天皇は仏教を尊重して大寺院を建立する一方、僧尼を規制し、仏教を国家統制の下に置いた。

  • 飛鳥浄御原宮…天智天皇の弟が皇居を置いた。
  • 八色の姓…天武天皇が新たに編成した豪族の身分秩序
【高校日本史】大化の改新のポイント
大化の改新と律令国家の変遷について学びます。聖徳太子の死後、独裁的な政治をしていた蘇我蝦夷・入鹿の親子を中大兄皇子や中臣鎌足(のちの藤原鎌足…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る