邪馬台国の出現(高校日本史)

シェアする

スポンサーリンク

邪馬台国の出現

魏志倭人伝によると3世紀あたりに倭国大乱後、30のクニが卑弥呼という女王を共立し、女王国の邪馬台国が他を従え、出現されたとあります。239年、卑弥呼は「親魏倭王」の称号と金印紫綬を贈られる。1世紀ごろに小国分立、3世紀初めに卑弥呼が登場します。

  • 奴国…奴国の王が、57年に中国の漢(後漢)に使いを送り、「漢委(倭)奴国王」の金印を授かる。
  • 邪馬台国…約30の小国を従えていた。身分のちがいや貧富の差があった。
  • 卑弥呼…邪馬台国の女王。239年に中国の魏に使いを送り、金印と「親魏倭王」の称号などが授けられる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る