【高校倫理】カルヴァンの予定説とは?

シェアする

スポンサーリンク

予定説

カルヴァン(1509年から1564年没)の「予定説」は、神の意志(予定)は人間には分からず、懸命に祈っても教会にいっても無駄であり、天国にいける人はすでに予定されているという思想である。

  • 職業召命観…世俗の仕事も神によって予定された「天職 (calling)」であり、勤勉に働き、倹約による貯蓄は予定されている証という思想である。ここから近代遺本主義が生まれることとなる。
【高校倫理】宗教改革とは?
【高校倫理11】宗教改革について記述しています。宗教改革は、1517年、ドイツ人のルターは免罪符の販売に抗議して、「95か条の意見書(論題)…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る