大学入試生物「光合成の吸収スペクトル」クロロフィルが使う光の色は?

シェアする

大学入試生物。今日は光合成について学習していきます。まずは、光合成に必要な光に焦点を当てて考えていきましょう。なかでも吸収される光である「吸収スペクトル」のグラフは頻出です。

光合成色素

光合成では光エネルギーを利用します。この光エネルギーを吸収する色素を光合成色素といいます。光合成色素は次の3つに分類されます。

  • クロロフィル
    クロロフィルa
    クロロフィルb
    クロロフィルc
    バクテリオクロロフィル
  • カロテノイド
    カロテン
    キサントフィル
  • フィコビリン
    フィコシアニン
    フィコエリトリン

普通の植物には、クロロフィルa、クロロフィルb、カロテン、キサントフィルを持っています。

光合成の吸収スペクトル

光合成色素によって、光の中でもどの波長の光を吸収しているかを示したグラフを吸収スペクトルや吸収曲線といいます。

  • 作用曲線(作用スペクトル)
    どの波長の光によって、どのくらい光合成が行われたかを表すグラフ
  • 吸収曲線(吸収スペクトル)
    どの波長の光をどれくらい吸収したかを表すグラフ

吸収スペクトル

グラフからわかることは、光合成の主役であるクロロフィルaやクロロフィルbは、主に赤色光や青紫色光を吸収し、光合成に利用していることがわかります。

逆に緑色の波長の光は吸収されていないことがわかります。吸収しないということはそのまま反射しているということです。なので、植物の葉っぱの色は緑色なんですね。

スポンサーリンク

代謝に関する記事

代謝の発酵、呼吸に関るる内容も説明しています。

あわせて読みたい記事

おすすめの参考書や勉強法を紹介しています。是非参考にしてみてい下さい。

センター試験対策情報

おすすめの勉強法や参考書

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク