織田信長

シェアする

スポンサーリンク

織田信長

はげしい戦国争乱のなかで、室町幕府の支配力はまったく失われ、戦国大名のなかには、京都にのぼって朝廷や幕府の権威をかりて全国に号令しようとするものが多くあらわれた。そのなかで、全国統一のさきがけとなったのは尾張の織田信長である。織田信長は1560(永禄3)年、上京をくわだてて進撃してきた駿河の今川義元の大軍を尾張の桶狭間の戦いで破り、1568(永禄11) 年には京都にのぼって足利義昭を将軍にたてた。その後、信長は比叡山の延暦寺や石山(大坂)の本願寺と戦って寺院勢力をおさえ、1573(天正元)年には信長の命令に従わなくなった将軍義昭を京都から追放した(室町幕府の滅亡)。ついで、近江の浅井氏と越前の朝倉氏をほろぼし、さらに1575 (天正3)年、甲斐の武田勝頼を三河の長篠合戦で破った。

<織田信長の戦い>

  • 桶狭間の戦い(1560)…織田信長が今川義元を討ち取った戦い
  • 姉川の戦い(1570)…織田信長が朝倉義景さらに加わった浅井長政を討った戦い
  • 長篠の戦い(1575)…織田信長が三河の長篠で武田勝頼と戦い、圧勝。長篠の戦いの後、安土城を築く。
  • 本能寺の変(1582)…京都本能寺に宿泊していた織田信長が、家臣明智光秀の謀反によって襲撃された事件

※1573年に、室町幕府は滅亡していることに注意。

<織田信長の政治>

  • 楽市・楽座令
  • 関所撤廃
  • 堺の掌握
  • 南蛮貿易

を展開。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る