高校英文法「感嘆文」How型とWhat型の使い分け方

シェアする

高校英文法「感嘆文」How型とWhat型の使い分け方について記述しています。

感嘆文

感嘆文は、HowまたはWhatで始め、文末に感嘆符(!)をつける。発音は下降調。また、文脈から明らかな(S+ V〉は省略できる。

How型

How+形容詞/副詞+S+V!

<例1>

  • 元の文…He is very tall. (tall = 形容詞)
  • 感嘆文…How tall he is! (彼はなんて背が高いのだろう)

<例2>

  • 元の文…They work very hard. (hard = 副詞)
  • 感嘆文…How hard they work!(彼らはなんて熱心に働くのだろう)

元の文では very の後に単独の形容詞・副詞が来ている。このように単独の形容詞・副詞を強調するときは Howを用いる。

スポンサーリンク

S+Vの省略

  • You know the answer? How smart!(君は答えがわかるって? なんて頭がいいんだろう)
    (文末に you are が省略されている)

例外

時にはHowの直後にS+Vが来ることもある。

  • How you’ve grown!(なんと成長したことか → 大きくなったね) (注意) 感嘆文と疑問文の語順の違いに注意。
  • How long it is!(それはなんと長いのだろう) →How long is it?(それの長さはどれだけですか)

What型

What +[a(an))+形容詞+名詞+S+V!

  • 元の文…He is a very tall boy.
  • 感嘆文…What a tall boy he is!(彼はなんて背の高い男の子なんだろう)

上の元の文のように名詞を含む語群を強調する場合はWhatを使う。形容詞の後に来る名詞が複数形ならもちろん a は不要である。

  • What cute children you have! (children=複数形) (君にはなんてかわいい子供達がいるんだろう)

名詞に形容詞がつかない場合

また、名詞に形容詞がつかない場合もある。

  • What a surprise !(なんという驚き → ああ驚いた)(形容詞がつかない場合; it is などが省略されている)

まとめ

  • How 型 ⇒ How+形容詞/副詞+S+V !
  • What 型 What+[a(an))+形容詞+名詞+S+V!

あわせて確認

以上が、高校英文法「感嘆文」How型とWhat型の使い分け方となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク