生物基礎「日本のバイオームの垂直分布」ポイントと練習問題

シェアする

日本のバイオームの垂直分布について学習します。水平分布をそのまま縦にした形になっています。特に、富士山や日本アルプスがある、中部山岳地帯が重要です。

日本のバイオームの垂直分布

バイオームの横への広がりを水平分布というのに対して、縦への広がり、つまり標高の違いによる広がりを垂直分布といいます。

日本は降水量が十分にある地域なので、バイオームは降水量の影響が少なく、ほぼ気温によって影響を受けます。したがって、日本では水平分布と垂直分布が一致するという特徴があります。

まずは、標高による区分を覚えましょう。富士山や日本アルプスがある中部山岳地帯の場合で説明します。

垂直区分 標高
丘陵帯(低地帯)    ~700m
山地帯(低山帯) 700m~1500m
亜高山帯 1500m~2500m
高山帯 2500m~
スポンサーリンク

バイオームの垂直分布図

高山帯になると、夏の平均気温が10℃を下回るようになり、森林が形成されにくくなります。また、土壌も発達しておらず、風も強いので樹木にとっては生育が厳しくなります。したがって、亜高山帯と高山帯の境界を森林限界と呼びます。高山帯には、お花畑(高山草原)が成立します。

下の図が日本のバイオームの垂直分布を表しています。

日本のバイオームの垂直分布

中部山岳地帯の場合、垂直分布は次のようになります。

  • 丘陵帯…照葉樹林
  • 山地帯…夏緑樹林
  • 亜高山帯…針葉樹林
  • 高山帯…お花畑

水平分布をそのまま縦にした形になりますね。

垂直分布の練習問題

日本のバイオーム垂直分布
中部山岳地帯の垂直分布 問題右の図は、日本の本州中部にある山におけるバイオームの垂直分布を模式的に表したものである。これについて、以下の各問いに答えよ。(1)図のA~Dで地域で見られるバイオームを、それぞれ答えよ。
(2)図のA~Dの地域で見られるバイオームについて、代表的な植物を次のア~エからそれぞれ選び、記号で答えよ。
ア スダジイ  イ ブナ  ウ コケモモ  エ コメツガ
(3)図のA~Dの地域の気候帯を、次のア~オからそれぞれ選び、記号で答えよ。
ア 寒帯  イ 亜寒帯  ウ 亜熱帯  エ 暖温帯  オ 冷温帯
(4)図のAとBの境界から上では、森林が見られなくなる。この境界を何というか。また、これはAの気候にどのような特徴があるためか。

解答(1)A:お花畑(高山草原) B:針葉樹林 C:夏緑樹林 D:照葉樹林
(2)A:ウ  B:エ  C:イ  D:ア
(3)A:ア  B:イ  C:オ  D:エ
(4)境界:森林限界 気候の特徴:気温が低く、強い風がふく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る