【高校英語】否定のまとめ(部分否定から重要表現まで!)

シェアする

【高校英語】否定をまとめています。否定に関して、否定文の作り方、部分否定、二重否定、重要表現などにふれています。それでは、【高校英語】否定のまとめ(部分否定から重要表現まで!)をみていきます。

否定語を用いる否定表現

否定文を作る場合、not,neverなどの副詞は、be動詞・助動詞の後、一般動詞の前に置かれて否定文を作ります。

  • He is not honest.(彼は正直でない。)
スポンサーリンク

<語否定>語・句・節を否定する場合

not,neverは、また語・句・節の前に置かれて、その部分だけを否定する場合もあります。

  • You can’t visit me any time,but never on Sunday.(いつでも訪問してきてもいいけれど、日曜日は絶対にダメです。)

節の代用をするnot

notが、否定を含む節の代わりに用いられるときがあります。

  • Will it rain today? I hope not. (今日は、雨が降りますか?降らないといいけれど。)

hope、guess、suppose、believeなどは、代用のnotを伴う語句です。肯定のときは、soを代用します。

no

noは形容詞なので、名詞の前に置かれて、その名詞を否定します。「no+単数名詞」は単数扱い、「no+複数名詞」は複数扱いとなります。

  • I have no brother.(わたしには、きょうだいがいない。)

no-のついた否定語

nothing 何も~ない 単数扱い = not anything
nobody だれも~ない 単数扱い = not anybody
no one だれも~ない 単数扱い = not anyone
none だれ/何も~ない 単数/複数扱い = not any
nowhere どこにも~ない = not anywhere
  • There is nothing we can do now.(今、私たちにできることはない。)

準否定

  • seldom,rarely…頻度が少ない「めったに~ない」
  • hardly,scarcely…程度が少ない「ほとんど~ない」
  • few…数が少ない「ほとんど~ない」
  • little…量が少ない「ほとんど~ない」

準否定の位置

  • seldom,rarely,hardly,scarcelyは副詞なので、be動詞・助動詞の後、一般動詞の前に置かれて否定文を作ります。
  • few,littleは形容詞なので、名詞の前におきます。
  • He rarely stays home on Sunday.(彼は日曜日にめったに家にいない。)

否定のさまざまな表現

部分否定

not alwaysは、「いつもではない」つまり、「いつもからというわけではない」という意味になります。このように、「いつも~とはかぎらない」という意味を表す表現を部分否定といいます。これに対して、これまでのnoやneverのことを全部否定といいます。

二重否定

否定の意味を含む語を重ねて逆に肯定の意味を表す表現を、二重否定といいまあう。

  • She never meets people without a smile.(彼女は人に会うときは、決して笑みを忘れない。)

否定を用いた慣用表現

  • cannot but 原形「~せずにはいられない」
  • no longer=not ~anymore「もう~ない」
  • nothing but 「~しか…ない」
  • not ~ until「…するまで~しない」
  • It is not long before=~before long「まもなく~する」

否定語を用いない慣用表現

  • anything but 「決して~でない」
  • fail to do 「~できない」
  • the last ~ to do「決して…しない~」
  • far from~「~どころではない」
  • free from~「~がない」
  • above~「~の能力がない」
  • beyond~「~を超えている」
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク