【高校英語】関係詞のまとめ

シェアする

【高校英語】関係詞についてまとめています。関係詞について、日本語と英語の違い、関係代名詞、関係副詞などにふれています。それでは、【高校英語】関係詞のまとめをみていきましょう。

関係詞

日本語と英語の違い

  • 【日本語】あの家に住んでいる少年
  • 【英語】the boy who lives in that house

修飾する節(形容詞節)には、

  • 日本語は前から、英語がうしろから、節が名詞を修飾しています。
  • 日本語にはない関係代名詞(who)が英語では使われている。

以上のような違いがあります。ここでは。その関係詞の使い方をマスターしていきましょう。

関係代名詞

関係代名詞は、先行詞(関係詞節で修飾される語句、先の文ではthe boy)を修飾する形容詞節を導きながら、その節の中で先行詞に代わって主語、目的語などの働きをします。主な関係代名詞には、who,which,thatがあります。これらは、節の中での働きによって主格、所有格、目的格となります。また先行詞によって次のように使い分かられます。

主格 所有格 目的格
who whose who(m)
人以外 which,that whose,of which which,that
スポンサーリンク

主格

主格の関係代名詞は、先行詞を修飾する節の中で主語のはたらきをします。

  • This is the dog which bit me yesterday. (これは、昨日僕を噛んだ犬だ。)

目的格

目的格の関係代名詞は、先行詞を修飾する節の中で目的語のはたらきをします。

  • The doctor whom he visited is famous. (彼が訪ねた医者は有名だ。)

所有格

所有格の関係代名詞は、先行詞が人のときでも、人以外のときでもwhoseが使えます。

  • Look at the mountain whose top is covered with snow. (頂上が山で覆われた山を見なさい。)

関係代名詞that

以下のようなときは、関係代名詞は、thatが使われます。この場合も、関係代名詞が目的格なら省略できますし、先行詞が人であればwhoの方がよく使われます。

  • 先行詞が、everything, something, anything, nothing など、~thing である時
  • 最上級、序数、all, every, the only, the very, any, no などが先行詞を修飾する時
  • 先行詞が「人」「物」の両方である時

関係代名詞what

「The thing which = What」「all the ~, any ~ (~する全ての、どんな~でも)=関係形容詞 what + 名詞」 と置き換えることで、それ自体が先行詞のはたらきをかねています。したがって、whatは名詞節をつくります。what節は、主語、目的語、補語、前置詞の目的語になれます。

  • 【主語】What he told you is important.=The thing which he told you is important.彼があなたに言った事は重要だ。)
  • 【目的語】He gave her what little money he had.(彼は持っていたわずかなお金を彼女に全てあげた。)

whatを用いた注意すべき表現

  • what S is (現在の S) what S was, what S used to be (過去の S)(かつてのS)
  • what (we, they, you) call = what is called (いわゆる)
  • what is worse~ (さらに悪いことに)
  • A is to B what C is to D (AとBの関係はCとDの関係に等しい。)
  • what with~  and what with… ~やら…やらで

<例文>

  • It became dark, what was worse, it began to rain.(暗くなってきた。 さらに悪いことに、雨が降り出した。)
  • Leaves are to the plant what lungs are to the animal.(葉と植物の関係は、肺と動物の関係に等しい。)
  • What with the bad weather and what with the smog we couldn’t see anything.(悪天候やら霧やらで、何も見えなかった。)

関係副詞

関係代名詞が形容詞節の中で代名詞の働きをしたのに対して、形容詞節の中で副詞の働きをするのもを関係副詞といいます。

  • This is the park where we said our last good-by.(ここが私たちが最後の別れを告げた公園です。)

関係副詞一覧

先行詞 場所を表す語 時を表す語 reason
関係副詞 where when why how

関係詞の継続用法

先行詞と関係詞との間に「,(コンマ)」があるときは、コンマの前までで文がいったん完結し、関係詞以下は補足的な内容を表します。これを継続用法(非制限用法)といいます。

  • I wrote to my uncle , who wrote back to me soon.(私はおじに手紙を書いた、するとおじはすぐに返事をくれた。)

このように、接続詞で書き換えられるような働きをしていることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク