佐賀大学入試「英語」の出題傾向と対策と勉強の仕方

シェアする

佐賀大学入試「英語」の出題傾向と対策です。学力的には、全国の国立の中では低く入りやすい大学の1つなっています。そのことからも、難易度事体もそれほど難しいものではないというのが率直なところです。しかしそれは、取りこぼしができないということ。センター対策を柱に据えて、センター英語で8割は確実にとれるようにしておきたいところです。それでは、佐賀大学入試「英語」の出題傾向と対策です。

佐賀大学「英語」の出題傾向

毎年まったく同じ形式かというとそうではないとところが特徴の1つです。もう1つ特徴があるとすれば、「記述」で解答させる問題が多いというのがあります。「記述」という英語だから英語で書かせるのかと思いきや、日本語の記述が多いです。

大きな柱となる出題傾向は、「記述」「長文読解」「会話形式」「表現問題」というところです。また最近の突出した傾向は、「自由英作文」の出題がみられるということです。年々、その要求される語数も増えてきていますので、センター試験後は、最重要の学習単元となるでしょう。

佐賀大学「英語」の対策

  • 和訳(要約)
  • 自由英作文

この2本柱を重点的に学習する必要があります。前提として、センタ―試験レベルの英文法・構文をマスターしていることが必要です。そのうえで、センター試験後は、上記の2点に絞って学習していく必要があります。

スポンサーリンク

和訳(要約)の対策

センター試験後は、毎日一題、長文を読み、300字程度で要約する時間を確保していくといいでしょう。要約は、先生に添削をしてもらうことで、要約の仕方を身をもって学んでいきましょう。

自由英作文の対策

おすすめは、和訳(要約)の対策でした長文の要約をそれを今度は英作してみるということをしてみましょう。わからない単語は、知っている平易な単語に置き換えるなどして、量をこなしていきましょう。量をこなすことで、自分なりの英作文の型。つまり、よく使い回しができるセンテンスが増えていくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク