動名詞のはたらきのポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校英語】動名詞をまとめています。動名詞は、不定詞、分詞とともに、他の品詞のはたらきを兼ね備えたかたちで、準動詞と呼ばれます。動詞的特徴の、「目的語や補語をとる」、「副詞によって修飾される」、「完了形や態がある」などの点で共通しています。動名詞のはたらきは、「名詞のはたらき」をするだけで単純です。それでは、【高校英語】動名詞をみていきましょう。

動名詞とは

  • 形…動詞の~ingの形
  • 意味…「~すること」

動詞的特徴の「目的語や補語をとりうる」、「副詞(句)で修飾されうる」ということがあります。

スポンサーリンク

動名詞の文中でのはたらき

動名詞ではじまる語群は、名詞の働きをし、文中で主語・補語・目的語になるほか、前置詞の目的語にもなります。主語になる場合、仮の主語itを用いて、動名詞で始まる句をあとに回すこともできます。

<主語になる場合の例文>

  • (主語)Meeting you here was nice.
  • (仮主語it)It was nice meeting you here.

意味上の主語

動名詞は、「~すること」と行為を表すことから、意味上、その行為をする「だれ・何か」が存在します。この「だれ・何か」が意味上の主語を表します。大きく2つの場合があり、

  • 特別の示し方をしない場合
  • 意味上の主語を特に示す場合

です。

特別の示し方をしない場合の意味上の主語

<不特定の人々(だれでも)であるとき>
Playing tennis is good for the health.(テニスをすることは健康によい)
この文の意味上の主語は、「不特定の人々(だれでも)」となります。

そのほか、

  • 意味事情の主語が文全体の主語と一致するとき
  • 文意が明らかな場合

それらが意味上の主語となります。

意味上の主語を特に示す場合

➊My father is proud of being tall.(私の父は背が高いの自慢にしている。)
➋My father is proud of my(me) being tall.(私の父は私が背が高いの自慢にしている。)

➋のように、意味上の主語が文の主語と一致しない場合は、動名詞の直前に意味上の主語を所有格または目的格の形で置きます。したがって、動名詞の直前に所有格か目的格の名詞・代名詞があれば、それが意味上の主語であると考えていいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る