【高校日本史】日清戦争と下関条約の内容まとめ

シェアする

スポンサーリンク

日清戦争のきっかけから戦争終結後の下関条約の内容をまとめています。日清戦争が起きるその年は、1894(明治27)年、朝鮮で政府の専制政治に反対する大規模な農民の反乱(甲午農民戦争、東学の乱)がおこると、清国は朝鮮政府の要請でその鎮圧を理由に出兵した。第2次伊藤内閣はこれに対抗してただちに朝鮮に軍隊を派遣した。ちょうどこのころ、外務大臣陸奥宗光のもとで、ロンドンでは駐英公使青木周蔵がイギリスとの条約改正交渉をすすめ、領事裁判制度の撤廃と関税自主権の一部回復を内容とした日英通商航海条約が調印された。

日清戦争

壬午軍乱後、1884年に朝鮮の独立党が日本公使館の援助をえてクーデタを起こしたが、清国軍の攻撃で失敗。これにより、伊藤博文と李鴻章によって天津条約が結ばれる。内容は、日清両軍の朝鮮からの徴兵を認めた。このころ、アジア近隣諸国から、近代化が進む日本への留学生が増加する中、朝鮮から1881年~1884年までに100名近く留学生が派遣される。1894年に甲午農民戦争が勃発すると、朝鮮をめぐって対立していた日本と清は朝鮮に出兵し、日清戦争が始まる。

日清戦争がはじまると、議会は政府に協力。この戦いに勝利した日本は、中国進出を強めていきます。義和団事件の鎮圧を機として、清は、日本やヨーロッパに分割されていきます。

下関条約

  • 2億両の賠償金を受け取る。
  • 朝鮮が独立国であると認めさせる。
  • 遼東半島を得る。

この結果、日本は海外に植民地をもち、大陸進出の足場をきずくこととなったが、満州(現 中国の東北地方)にふかい利害関係をもつロシアは、日本の進出を警戒し、ドイ ツ・フランスとともに、日本に遼東半島を清国に返還するよう勧告した(三国干渉)。3国を相手に戦うだけの力がなかった日本政府は、やむなくこの勧告をうけいれた。

スポンサーリンク

日清戦争後の日本

臥薪嘗胆を合言葉に、軍備の拡張を進めていく。伊藤博文は、憲政党と提携し、立憲政友会を結成。朝鮮への侵略をおすすめていたこの時期、朝鮮との貿易では、日本は、主に繊維品を輸出、食料品(米など)を輸入していました。

日本史の復習

  1. 【大学受験・日本史】先土器・旧石器・縄文時代
  2. 【大学受験・日本史】弥生時代のポイント整理
  3. 【大学受験・日本史】古墳時代|大和政権や古墳文化
  4. 【大学受験・日本史】飛鳥時代|推古朝と飛鳥文化
  5. 【大学受験・日本史】大化の改新|律令国家の成立まで
  6. 【大学受験・日本史】奈良時代のポイント整理
  7. 【大学受験・日本史】平安時代のポイント整理
  8. 【大学受験・日本史】鎌倉時代のポイント整理
  9. 【大学受験・日本史】室町時代のポイント整理
  10. 【大学受験・日本史】戦国時代|下剋上と戦国大名のポイント整理
  11. 【大学受験・日本史】安土桃山(織豊政権)時代
  12. 【高校日本史】江戸時代のポイント整理
  13. 【高校日本史】自由民権運動の前後の流れ
  14. 【高校日本史】明治時代の帝国議会(立憲政治の成立)ポイント整理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク