【大学受験・日本史】室町時代

シェアする

室町時代について学習です。室町幕府成立から室町幕府の政治まで一気に学びます。

建武の新政

後醍醐天皇は、

  • 記録所…行政、司法の天皇親裁機関
  • 雑訴決断所…訴訟事務

を整備。

建武の新政の失敗は、恩賞の不公平とも言われています。

スポンサーリンク

室町幕府

3代将軍足利義満が、京都室町に「花の御所」を造営。管領を配置。足利氏一門の斯波・畠山・細川の3氏は有名。九州探題は、今川了俊(貞世)が、着任して九州の南朝勢力を平定しています。また、税金のシステムもおさえておきましょう。

<商工業者への課税>

  • 倉役(土倉役)…土倉
  • 酒屋役…酒屋

<通行税>

  • 関銭…関所
  • 津料…港の入津税

<その他>

  • 抽分銭…日明貿易における税金
  • 段銭…守護を通じて庶民にかけられた田畑の段数にかけられる税金
  • 棟別銭…家屋

室町時代の終焉

  • 明徳の乱(1391)…山名氏清、山名満幸ら山名氏が室町幕府に対して起こした反乱
  • 応永の乱(1399)…守護大名の大内義弘が室町幕府に対して起こした反乱
  • 永享の乱(1438)…鎌倉公方の足利持氏と関東管領の上杉憲実の対立に端を発する、室町幕府6代将軍足利義教が持氏討伐を命じた事件
  • 嘉吉の変(乱)(1441)…播磨・備前・美作の守護赤松満祐が室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱
  • 応仁の乱(1467)…室町幕府管領家の畠山氏、斯波氏の家督争いから、細川勝元と山名宗全の勢力争いに発展し、室町幕府8代将軍足利義政の継嗣争いも加わって、ほぼ全国で争い。<参考>細川氏(東軍)24国16万×山名氏(西軍)20国11万
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク