小論文頻出テーマ「少子化問題」合格者の解答例!

スポンサーリンク

小論文頻出テーマの1つである「少子化問題」を題材にした合格者の解答例を実際に見ながら、「少子化問題」について考察していきましょう。それでは、小論文頻出テーマ「少子化問題」合格者の解答例!です。

小論文頻出テーマ「少子化問題」

少子化問題について、あなたの考えを800字以内を述べよ。
スポンサーリンク

解答例

日本では、出生率、合計特殊出生率ともに減少傾向にある。しかし近年は緩やかに減少しており、平成17年の数値は下回っていない。

私は近年の緩やかな減少は、日本政府の政府の成果だと考える。その中でも特に効果的だったと思うのは、働く女性のための子育て応援プランだ。近年、女性の社会進出が進み、企業で重要なポストに就く女性も増加してきた。そのような女性がキャリアを捨ててまで出産、育児をしたいと思う確率が低い。そこで政府は、保育園や幼稚園の充実化、産休、育休制度の改変など行うことによって働く女性を支援してきた。未だ、待機児童が多い、産休、育休後の復帰は難しいなどの問題あるものの、政府が働く女性の支援に乗り出した影響大きいだろう。

しかし、資料を見ると、出生率は近年減少はしてないものの増加もしていない。合計特殊出生率も依然として2を下回っている。日本の少子化を食い止め、さらに改善するためにより効果的な政策が必要だろう。私はまちづくりの観点からこの問題にアプローチできると考える。現代日本には、「まち・ひと・しごと創生法」という法律がある。これは地域の活性化を流すことで、少子化や東京圏への人口の過度な集中を解決しようという目的で作られた。そのため、この法律は主に、都市圏から離れた地域に適応される。しかし、実際に働きながら子育てする親にとっては職場から離れた場所での生活は厳しい。むしろ、職場や学校から近い位置に住居を構えたいと思うだろう。そのため私は、少子化問題を改善するには、都市部での子育てをしやすい環境形成が必要であると考える。

日本の少子化を解決するためには、もとある働く女性を支援する制度を充実化することが必要だ。その上で、都市部での子育てをしやすい環境形成に力を入れるべきだと考える。

添削・好評

概ね、良い論文であるといえる。

資料の読み取りが正確であり、これまでの現状を踏まえたうえで、自分なりの発展的な具体策も提示できている。その発展的な具体策も、これまでの政策を一定の評価を与えつつ、述べている点も素晴らしい。

細かいところでの修正は、
×未だ、待機児童が多い、産休、育休後の復帰は難しいなどの問題
○未だ、待機児童が多いことや、産休、育休後の復帰は難しいことなどの問題
としたほうが、読み側にとっては、読みやすいだろう。

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする