【高校英文法】分詞と分詞構文のポイントまとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

【高校英語】分詞についてまとめています。分詞には、現在分詞と過去分詞があり。現在分詞は、進行形、過去分詞は、完了形や受動態でも使われます。ここでは、これらの分詞以外の用法をまとめています。

  • 現在分詞…能動(特に進行)の意味「~する、~している」
  • 過去分詞…おもに受動の意味「~されている、~された」

過去分詞といっても、「過去」でなく「受動」が中心であることに注意です。

分詞とは

分詞の学習では、大きく「限定用法」「叙述用法」「重要表現」「分詞構文」「独立分詞構文」と5つに分けられます。それぞれを学べば、履修は完成です。

スポンサーリンク

限定用法

限定用法とは、分詞が形容詞のはたらき(名詞・補語になる)をして名詞を修飾する場合です。修飾とは限定するわけですから、これを限定用法といいます。通常、分詞が一語単独なら名詞の前に、語群をなしていれば名詞の後ろに置かれます。

<例文>

  • We found the stolen bag in the bush.(私たちは盗まれたバックを茂みで見つけた)-1語単独で修飾
  • The man washing the car is Taro.(車を洗っているのは、太郎です。)-句で修飾

叙述用法

<SVC>や<SVOC>のC(補語)の部分に分詞が来る用法が叙述用法となります。

  • The child kept drying for hours.(その子供は、何時間も泣き続けた。)
  • She sat surrounded by her children.(彼女は子供たちに囲まれて座った。)

分詞の重要表現

There is (are) +S+分詞:「Sが~している/されている」

進行形や受動態とほぼ同じ意味で用いる。

  • There were three people waiting before me. (私の前に3人の人が待っていた) [=
  • Three people were waiting. There is no water left in the bottle. (ビンに水は残って「残されていない) [= No water is left…]

go ~ing:「~しに行く」

  • I went swimming in the lake with Hiroko.(私はヒロコと湖へ泳ぎにいった)

注意主に skiing, hiking, shopping など, 娯楽・スポーツを表す動詞が使われる。日本語では「湖へいった」というが, 英語では swimming in the lake (湖で泳ぐ)というつながりになり, to the lake とはしない。

「~するのに, ~して」の意味の現在分詞

  • All of us were busy cleaning the room. (私達はみんな部屋を掃除するのに忙しかった)
  • I had no difficulty breaking the lock. (錠を壊すのに困難はまったくなかった)
  • Don’t spend so much time watching TV.(テレビを見てそんなに長時間過ごしてはいけない)

参考次のようにinを用いることもある。I had no difficulty in breaking the lock.

have (get) +0+過去分詞) (0は主に「物」)

「Oを~してもらう/させる」(使役) have(get)を強く発音)/ 「してもらう」か「させる」かは前後関係で判断。

  • I hád my teeth examined at the dentist’s. (私は歯医者で歯を調べてもらった)
  • He got his watch fixed. (彼は時計を直してもらった/直させた)

「Oを~される」(被害の受け身)

過去分詞を強く発音

  • She had her bag snátched. (彼女はかばんをひったくられた)
  • We got our roof blówn off in the storm.(私達は風で屋根を飛ばされた

参考 同じ「~される」でも,受動態との形の違いに注意

分詞の応用パターン

接続詞+分詞

分詞の意味を明確にするために接続詞をつける場合がある。

  • While staying in Tokyo, I came to know her. (東京にいる間に、彼女を知った)
    (= While I was staying.)
  • Though wounded, they continued to fight. (けがをしているのに,彼らは戦いつづけた)
    (= Though they were Wounded.)

Being +形容詞/名詞)の Being の省略

(Being) Unable to speak English, I expressed it by gestures.(英語が話せなかったので,私はそれを身振りで表した)

with +A十分詞

Aが~している/されている状態で 独立分詞構文の前に with のついた形。

  • She listened to the story with tears running down her face. (彼女は涙を流して(一涙が顔を流れ落ちる状態でその話を聞いた)
  • He stood there with his eyes closed. (彼は目を閉じて[一目が閉じられた状態でそこに立っていた)

分詞構文

乱暴な言い方ですが、一言でいえば、「接続詞を伴う副詞のはたらきをする分詞(句)」ととらえればいいでしょう。接続詞は、ないですが、接続詞があるように訳します。つまり、分詞構文とは、現在分詞と過去分詞が副詞のようなはたらきをして、主文の動詞を修飾する分の形です。この分詞構文は、表現はあいまいで「とき」「ので」「ならば」「けれども」などのように文脈によって数多くの意味で解釈ができます。

分詞構文では、主語を基準に考えて「~するとき」「~するので」など能動、進行の意味をもち、「~されるとき」「~されるでの」など受動の意味をもちます。「接続詞を伴う副詞のはたらきをする分詞(句)」ととらえればいいでしょう。接続詞はないですが、接続詞があるように訳します。

  • <例文1>Because I had a cold,I was absent from school.=(分詞構文)Having a cold,I was absent from school.
  • <例文2>Because I was scolded by her ,I felt sad.=(分詞構文)Scolded by her ,I felt sad.

主語が違うときの分詞構文(独立分詞構文)

主語を残します。

  • (例文)If it rains tomorrow, I won’t go out.=(分詞構文)It raining tomorrow, I won’t go out.

時制が一致しないときの分詞構文

(古い時)⇒「having + 過去分詞」にします。

  • (例文)After he had finished the work, he went out.=(分詞構文)Having finished the work, he went out.

従属節にnot,neverが入っている場合の分詞構文

Not,Never を~ing の前に置きます。

  • (例文)Because I didn’t know what to do,I was at a loss.=(分詞構文)Not knowing what to do,I was at a loss.

従属節の動詞が、進行形・受身形の場合の分詞構文

being, having beenを省略をします。

(例文)

When it is seen from here,the rock looks like a dog.
=(分詞構文)(being) seen from here,the rock looks like a dog.
=(分詞構文)Seen from here,the rock looks like a dog.

独立分詞構文

通常の分詞構文では分詞の意味上の主語は主文の主語と一致します。異なる場合は、分詞の前に意味上の主語を主格としておきます。これを独立分詞構文といいます。書き言葉に用いる固い表現になります。

主語を省略した独立分詞構文

  • generally speaking (一般的にいえば)
  • frankly speaking(率直に言えば)
  • strictly speaking(厳密にいえば)
  • judging from(~から判断すれば)
  • talking of(~と言えば)
  • according to(~によれば)
  • owing to(~のために)

独立分詞構文の慣用表現

慣用的で、主語があいまい。または、主語が話者である。

  • Generally speaking,women live longer than men. (一般的に言って,女性は男性よりも長く生きる)
  • Taking everything into consideration,he can’t be the criminal. (すべてを考慮にいれれば、彼は犯人ではありえない) all things consideredも可

分詞の練習問題

意味が通る英文になるように(   )に入る適語を番号で選べ。
(1)He seemed (  ) at the result of the match.
① to please ② pleasing ③ please ④ pleased

(2)Keep your eyes (  ) until I say OK.
① closed ② closing ③ close ④ to close

(3)My mother was happy to see her guest (  ) her cakes eagerly.
① eaten ② eats ③ to eat ④ eating

(4)Were you (  ) with the result?
① satisfying ② satisfied ③ satisfy ④ to satisfy

(5)He kept (  ) for the bus.
① waiting ② waited ③ was waiting ④ was waited

(6)I often heard him (  ) the piano.
① plays  ② play  ③ is playing  ④ to play

(7)I was doing my job when I heard my name (  ).
① called  ② calling  ③ be called  ④ call

(8)I saw my sister (  ) by her teacher.
① scold  ② scolding  ③ scolded  ④ having scolded

(9)The teacher caught the student (  ) in class.
② sleep  ② slept  ③ sleeping  ④ to sleep

(10)”Have you sent the manager’s letter?”
“No, not yet. I must have it (  ) first.”
② be signed  ② his signature  ③ sign  ④ signed

分詞の解答

(1)④ He seemed pleased at the result of the match.(彼はその試合の結果に喜んでいるように見えた)
(2)① Keep your eyes closed until I say OK.(私がいいというまで目を閉じていて)
(3)④ My mother was happy to see her guest eating her cakes eagerly.(私の母は、お客さんが、彼女の作ったケーキを夢中で食べているのを見て喜んでいた)
(4)② Were you satisfied with the result?(あなたはその結果に満足しましたか)
(5)① He kept waiting for the bus. (彼はバスを待ち続けた)
(6)②
(7)①
(8)③
(9)③
(10)④

(6)は、知覚動詞と原形不定詞の関係

分詞構文の確認問題

次の文を分詞構文に直せ。
(1)When I arrived at the city, I found it had changed a lot.
(2)Because she practiced tennis very hard, she became a good tennis player.
(3)Because I didn’t have breakfast, I was hungry.
(4)After I had finished my homework, I took a bath.
(5)As it is written in easy English, the book is easy to read.

解答

(1)Arriving at the city, I found it had changed a lot.
(2)Practicing tennis very had, she became a good tennis player.
(3)Not having breakfast, I was hungry.
(4)Having finished my homework, I took a bath.
(5)Written in easy English, the book is easy to read.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る