【高校日本史】古墳時代のポイント

シェアする

スポンサーリンク

共同で農業をおこなっているムラが発達。隣のムラと水利をめぐって協力したり対立したりするのがこの時代です。やがて、小国が乱立して、国家統一に向けた争いへと発展していきます。ポイントは、中国史料「漢書地理志」と「後漢書東夷伝」)からの日本の記述です。

古墳時代

古墳時代は、前期・中期・後期の3つに分かれ、ちょうど中期ごろが、大和政権の時代になります。

スポンサーリンク

代表的な古墳

  • (前期)箸墓古墳…奈良県桜井市にあり、前方後円墳。
  • (中期)大仙陵古墳…大阪府堺市にあり、仁徳天皇陵で日本最大486m。
  • (後期)石舞台古墳…奈良県にあり蘇我馬子の墓という説もあります。

※ 副葬品の特徴として、「前期は、呪術」で、「中期は、武器」で、「後期は、農具」が多いです。

渡来人

この頃、渡来人が日本に来ています。新しい技術を日本にもたらします。代表的な渡来人として、王仁と弓月と阿知です。中でも、西文氏の祖となった王仁は、論語・千字文を伝えたとされ、弓月君は秦(はた)氏の祖で、そのまま機織り・養蚕を伝えたとされます。

宗教の伝来

儒教と仏教も相次いで伝わってきます。伝えたのは「百済」の「聖明王」から「欽明天皇」へとされ、聖徳太子の伝記『上宮聖徳法王帝説』のなかでは、538年に伝わったとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る