▶ YouTubeで授業動画配信中

【大学入試小論文】商学部の小論文頻出テーマ一覧

スポンサーリンク

【大学入試小論文】商学部でよく出題される小論文テーマ一覧です。

スポンサーリンク

商学部でよく出題される小論文テーマ一覧

➀現代のビジネス環境における課題と解決策
➁サステナビリティとビジネス
➂リーダーシップと組織マネジメント
➃デジタル時代のマーケティング戦略
➄国際ビジネスと文化の違い

以上の5点のから出題されることが多いです。それぞれ詳しくみていきましょう。

➀現代のビジネス環境における課題と解決策

テクノロジーの進化や国際的な経済の変化など、現代のビジネスにおける重要な課題について考察し、解決策を提案する。

(例)

  • 生成AI: 進化する人工知能(AI)の一形態で、データから学び、創造的な問題解決や意思決定を行う次世代技術。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション): 企業や組織がデジタル技術を導入し、業務プロセスや価値提供を変革する戦略的なアプローチ。
  • キャッシュレス: 現金を使用せず、電子決済やデジタル支払いを主体とする取引方法。便利性と効率性が重視される。
  • SCM(サプライチェーンマネジメント): 製品やサービスの生産から消費者への供給までを効果的に統合し、最適化する経営手法

➁サステナビリティとビジネス

持続可能な経済発展に向けた取り組みや、企業が持続可能なビジネスモデルを構築するための重要性について論じる。

(例)

  • エシカル消費: 消費者が環境や社会への影響を考慮し、倫理的な製品・サービスを選ぶ動き。企業の社会的責任を重視。
  • 脱炭素社会: 温室効果ガス排出を極力削減し、地球温暖化対策を推進する社会の方針。低炭素なエネルギー利用が重要。
  • 後継者問題: 企業や家族経営において、次世代のリーダーをどう育て、事業継承を円滑に進めるかに関する課題。
  • CSR: 企業が法令を遵守し、社会的な責任を果たすこと。持続可能な発展や社会貢献が重要視されている。
  • 働き方改革: 効率的かつ柔軟な働き方を促進する取り組み。テレワークや柔軟な労働時間などが含まれる。
  • ワークライフバランス: 仕事と生活の調和。労働時間の適正化や休息の重要性を考慮し、従業員の健康促進を目指す。
  • ESG: 環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3つの要素を統合的に考慮した企業の持続可能性評価指標。
  • コーポレートガバナンス: 企業内で透明性や責任の明確化を図り、株主やステークホルダーとの信頼関係を築く経営体制。

➂リーダーシップと組織マネジメント

効果的なリーダーシップの特徴や、組織内でのコミュニケーションやチームビルディングの重要性について論じる。

(例)

  • これからの時代のリーダーのあり方
  • トランスフォーメーショナル・リーダーシップ: リーダーが従業員のモチベーションや能力を向上させ、変革を促進するスタイル。
  • コーチング: リーダーが従業員のスキルやパフォーマンス向上をサポートし、成長を促す手法。
  • SWOT分析: 組織の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を明確にし、戦略的な意思決定を支援する分析手法。
  • チームビルディング(Team Building): チームメンバーの協力関係やコミュニケーションを向上させ、共同作業能力を構築するプロセス。
  • リーダーシップパイプライン: 組織が将来のリーダーを発見し、育成するためのシステムやプログラム。将来の幹部層の人材プールを確保する重要な戦略。

➃デジタル時代のマーケティング戦略

ソーシャルメディアやデジタルプラットフォームを活用したマーケティング戦略について分析し、その影響について考える。

(例)

  • ステルスマーケティング: 商品やサービスを広告とは認識されずに宣伝する戦略。消費者が宣伝と気づかないよう工夫される。
  • ステマ規制: ステルスマーケティングに対する法的制約や倫理規定。透明性と誠実性を求め、偽りの宣伝を規制。
  • フェイクニュース: 誤った情報や虚偽の報道。信頼性を損ない、社会的混乱を引き起こす可能性がある。
  • セキュリティ: コンピュータシステムやネットワークを保護するための対策。機密性やデータの完全性を確保する。
  • 個人情報: 個々の人に関するデータ。適切な管理が求められ、プライバシーの権利を守るために注意が必要。
  • プライバシー: 個人が自身の情報を制御し、外部の不必要な干渉から守られる権利。データ保護と合わせて重要視される。
  • SNSとの付き合い方: ソーシャルメディアでの適切な行動やプライバシー管理。情報のシェアと個人保護のバランスが重要。

➄国際ビジネスと文化の違い

グローバルなビジネス環境において、異なる文化や国のビジネス慣習を理解し、成功するための戦略について論じる。

(例)

  • ダイバーシティ: 異なる背景や特性を尊重し、組織や社会において包括的で公平な環境を構築する価値観。多様性を積極的に受け入れる。
  • 移民問題: 国や地域への外国人の移動に伴う課題。社会的・経済的影響、国境管理、文化的融合などが焦点となる。
  • クロスカルチュラル・コミュニケーション(Cross-Cultural Communication): 異なる文化間での効果的なコミュニケーションの確立を目指すスキルや戦略。
  • 文化的インテリジェンス(Cultural Intelligence): 異なる文化に対応する能力。異文化理解、柔軟性、適応性などが含まれる。
  • グローバル・マインドセット(Global Mindset): 国際的な状況において異なる文化を理解し、それに対応する意識や視点を指す。
  • ハイ・コンテキスト・カルチャー(High-Context Culture): コミュニケーションにおいて非言語的な要素や文脈が重要視される文化。日本などが該当。
  • リレーショナル・オリエンテーション(Relational Orientation): 人間関係を強調し、信頼や感情の重要性が強調される文化の傾向。
小論文対策
スポンサーリンク
大学入試小論文講座の紹介
一人にひとりに志望大学・志望学科に合わせて、プロ講師が添削指導します。添削結果は、提出後24時間以内に返却されるので、スピード感をもって、小論文対策が可能です。ぜひ、小論文対策でお困りの方は、詳細ページを見てみてください。回数制なので短期間での受講も可能です。
シェアする
TEKIBO

コメント

テキストのコピーはできません。