▶ YouTubeで授業動画配信中

大学入試小論文「遠隔授業の長所と短所について」

大学入試小論文「遠隔授業の長所と短所について」の解答例と考察です。

・出題学部:商学部・経済学部・法学部・教育学部・総合政策など
・重要度:普通
・難易度:普通

一般的に言われる遠隔授業の長所と短所について把握しておこう
遠隔授業のメリットデメリット解説図
最後に、様々な視点から長所と短所を列挙しています。参考に。

スポンサーリンク

遠隔授業の長所と短所についての問題

【問題】情報通信技術(ICT)の果たす役割はますます重要になっています。緊急事態の中では、多くの高校や大学で遠隔授業(オンライン授業)が実施されました。登校しての対面授業に比べて、このような遠隔授業の長所と短所を 1 つずつ挙げて、それぞれの理由とともに 600 字程度で論ぜよ。

遠隔授業の長所と短所についての解答例

【解答例】私が考える遠隔授業の長所は時間とお金を節約できることです。

一般的に高校生、大学生が通学する際には車やバスなどの公共交通機関、自家用車や自転車を利用することが多いです。そのために学生は通学に1時間から2時間を費やしています。加えて公共交通機関を利用する際には運賃を払う必要が出てきます。しかし遠隔授業を行えば、余った時間とお金を他の事に費やす事ができます。節約した時間は勉強時間や趣味の時間、アルバイトなどの労働時間に当てることが出来ます。これらは学生の生活をより豊かにすることは間違いありません。

一方、遠隔授業の短所は全員が授業に適した環境を用意することが出来ないことです。この問題は授業をする側の教師とそれを受講する生徒、両方に言えることです。快適な遠隔授業にはそれ相応の環境が必要です。

例えば板書の字を認識出来る高画質、ストレスなく音声を聞くことの出来る音質、映像が途切れることのない安定した回線速度などです。この他にも沢山考慮しなければいけないことはありますが、そのほとんどを支えているのは紛れもなくインターネット回線です。教師と生徒の両者が安定した回線を用意出来なければ問題が生じてしまいます。特に生徒は経済的な理由などから良質な回線を契約出来ない人が少なからずいます。このことは授業の質に影響し、不公平な教育環境を生み出しかねません。

以上が私の考える遠隔授業の長所と短所です。

遠隔授業の長所と短所についての講評

一部を公開しています。

・題意に沿っている
・主張に対する根拠に矛盾、飛躍がない。
・主張に一貫性がある。(今回の課題には該当しませんが)
・文法的な間違いない。

以上の4点は、特に減点対象になりやすいところですが、今回はクリアできています。入試小論文では、まずは失点しないことが最も大切です。次に大切なのは、独自な視点・発想(課題によっては、具体例や具体的な解決策)になります。今回は、一般的な視点による意見のでしたが、具体例を示しながら、論を展開している点で説得力のある論文となっています。

遠隔授業(オンライン授業)のメリット・デメリット

<メリットの例>
・地方と都市部の教育の地域格差の是正
・時間を効率的に使える(通学中の事故などなく安心・安全)
・教室が必要なくなり、一度に多くの人が受講できる。(優秀な教師の授業を、公平にみんなが受講できる)
・様々なツールが活用し、これまでにない授業を提供できる。(アンケートや集計を取ったり、板書した内容や画面共有をしたりできるなど)
・災害や緊急時でも授業が受けられる
・デジタルでの授業なので(ビッグ)データを分析し授業の改善に生かせる。
・保護者が進捗をチェックしやすい
<デメリットの例>
・端末や環境が整っている教育現場が少ない
・操作が難しくて使いたがらない講師がいる(オンライン授業におけるスキルが必要)
・同じ教室内に教師がいないため、学生に緊張感がない
・身体的・肉体的疲労の蓄積(長時間、端末の画面を見続けたり、イヤホンなどを装着することによる負担)
・学位貸与には不向き(テストなどで不正がしやすいのではないか)
・目や耳の不自由な人への対応が難しい
・個々の自主性や学習意欲が不可欠
大学入試小論文講座
大学入試小論文講座の紹介
一人にひとりに志望大学・志望学科に合わせて、プロ講師が添削指導します。添削結果は、提出後24時間以内に返却されるので、スピード感をもって、小論文対策が可能です。ぜひ、小論文対策でお困りの方は、詳細ページを見てみてください。回数制なので短期間での受講も可能です。
小論文対策
スポンサーリンク
シェアする
TEKIBO

コメント

テキストのコピーはできません。