大学入試小論文テーマ「育児支援・子育てについて」考察・解答例

シェアする

スポンサーリンク

大学入試小論文テーマ「育児支援・子育てについて」考察・解答例です。子育て、育児支援については、我が国の喫緊の課題の1つです。今回は、虐待児を減らすためにという観点から、育児支援について論じたある人の解答例をもとに、考察していきます。

育児支援

子育て支援事実関係

  • 昭和22年以降は急激に子供が増えたと考える。 →働かせたというのは間違いでないですが、戦争があったからでしょう。その後、復興のために人材が必要だったとか。
  • 昭和時代は、教育費を払えるほど裕福でなかったため→昭和初期ではないでしょうか。昭和も戦後、教育基本法により、皆学校に行くようになる。
スポンサーリンク

ある人の解答例1

【問】課題文を踏まえ、虐待児を減らすためにはどうすればよいか。あなたの考えを述べよ。

私は、虐待を未然に防ぐことと早期発見が虐待児を減らすために大切だと思う。そのためには、母親の負担を減らすことが第一だ。

このように考える理由として、子育てをする母親の莫大な仕事量と閉鎖された家庭空間を挙げる。以前、アメリカの番組でとある仕事の職員を募集する、という企画があった。そこに応募してきた人々は面接を受ける中で衝撃の事実を聞かされた。勤務時間は二十四時間、給料は0ドルだったのだ。その職業の名は母親だ。1日中働いて、夜中でさえ子どもの泣き声で目を覚める。そのような劣悪な環境だからこそ、彼女たちを支える人は不可欠である。そうでなければ、精神的な病を抱えて虐待に走ってしまってもおかしくはない。
一刻も早く彼女たちに手を差し伸べて、一刻も早く母子共に救わなければならない。

そこで、私は子育て支援機関の規模の拡大を掲げる。現在でも、子育てを支援するための施設は多くあり、電話やメールによる窓口もしっかりしている。しかし、相談者の側で家族のように関わっている機関は少ないと思う。そこには、プライバシーの問題や相談件数と職員数の関係など、様々や要因があるのだろう。だがそこで考えたい。相談をする母親は、我が子に手を出しそうになるのを留まって電話をかけてきたのかもしれない。または、泣き止まない子どもの隣、震える手で一文のメールを送ってきたのかもしれない。すぐそこに危険が迫っている人は、わざわざ足を運んで誰かと対面する意志はほとんどないと思う。一本の電話に、一本のメールに込められた感情を読み取って、誰かが足を運ばなければならないのだ。

尊い命を未然に守ることができるのであれば、そこには時間もお金も人手も費やす意味がある。虐待児を減らすためには、母親の小さなSOSを見落とさないこと、それから何よりもSOSが発信された現場を知ることが一番の鍵である。

添削・講評1

(1)通常、数字は、縦書き漢数字、横書きは算用数字です。
(2)×職員を募集する、という企画→○職員を募集するという企画
(3)△しかし、相談者の側で家族のように関わっている機関は少ないと思う。→調べたらわかるようなことを「思う」では逃げない。こういう場合はあえて書かないほうがいい。
(4)虐待を未然に防ぐことへの施策が乏しい。

子育て支援機関については、シンガポールなのでは、ベビーシッターが盛んですね。日本でも、民間ベンチャー企業も出てきて、ベビーシッターマッチングシステムや英会話など指導付き、幼稚園送り迎え付きなど育児サ-ビスも。

違った視点として、どういった状況の人が、虐待まで陥るのだろうか。 経済的に貧しい?親も子どものころ虐待経験がある?共働きの家庭?母子家庭? そういう根本原因を探り、そこを改善することがいいのでは。

減らすことよりも、根絶する施策があれば、その方がいい。自分の意見を述べるときは、6W1Hなど視点を増やすことが大事でしょう。

ある人の解答例2

【問】少子化問題について、あなたの考えを800字以内を述べよ。

この資料を踏まえて、少子化問題がこれほど深刻な問題だと気づかされた。少子化問題は現代社会において非常に耳にする言葉でニュースでもよく取り上げられている。

資料を見ると昭和22年はベビーブームのピークで年が重なるにつれてベビーブームの勢い消えてしまったように見える。しかし、昭和40年から昭和50年の10年の間で少し復活している。結果として考えられるのは、子供を多く産み、彼らを学校行かさずに働かせていたと推測する。なので昭和22年以降は急激に子供が増えたと考える。その他にも様々な点が見える。それは現代と昭和時代の社会秩序が違うということだ。

現代社会では子供は義務教育受け就職するといった流れである今、昭和時代は、教育費を払えるほど裕福でなかったため、子供は仕事をさせられていた。それに、子供は君の財産であるため大切な存在であった。日本の経済を支えていくのは今の若者であり、私たちだ。

少子化問題についてのいくつかの対策方法はある。そのうちの一つは仕事と家庭を両立できる社会を作り上げていくことである。育児休暇などの制度があるが、これだけで十分とはいえない。他にも時短勤務や男性が女性の代わりに子育て休暇取得などの制度の利用ができる。また、教育にかかる経済的負担に関しては、奨学金などの経済的支援の利用もできる。

よって、少子化問題の対策として、政府、企業、地域の理解と協力が不可欠であり、近年の人口は減少気味だが、これも協力で必要である。人口の減少を防ぐには、20代、30代の男女の結婚して高めの方が良いだろう。周りの人、企業からの子育ての支援を受けるなど、制度や親切心を利用していくのも最適だろう。

添削・講評2

<表現>

  • 段落数が多い。まず、最初に「構成」を考えましょう。800字の論文は、多くても4つ。
  • 出だしの「この資料を踏まえては、」いちいちいらない。
  • 「年が重なるにつれて」→ここでは、「年が経過するにつれて」でしょう。
  • 「復活している。」→ここでは、「回復している。」でしょう。
  • 「なので」→ここでは、「よって」
  • 「それに」→「また」 話しことばは、使わない。
  • 「君の財産」とは?
  • 最後の段落ですが、さらなる対策など不要です。前段落までに記述するか、書かないかのどちらかです。結論の部分なので、主張を完結にまとめていくべきでしょう。

ある人の解答例3

【問】課題文を踏まえ、虐待児を減らすためにはどうすればよいか。あなたの考えを述べよ。

私は虐待児をなくす方法2つあると思う。1つ目は子どもを出産する前のケアだ。子どもを望んで妊娠した人は積極的に子育てに参加する。しかし、望まない妊娠をした人は、子どもを放置したり、児童養護施設に預けたりしやすい。私は子どもを虐待してしまう心理は、子どもに対して愛がないからではなく子育ての仕方がわからないからではないだろうか。泣いたり、はしゃいだり対応の仕方がわからないから虐待や育児放棄と言う結果に陥るのだと考える。

子育ての方法を知るには、やはり周りの支えが欠かせない。誰にも相談できない人が相談しやすい場。熊本の慈恵病院のように24時間対応してくれる相談室を設置するべきだ。

2つ目は、学校の保健の授業の見直しだ。中学校の時、生命の誕生や命の尊さについて学ぶ授業があった。生命の誕生は奇跡に奇跡が重なって起こることだ。中学校の授業は先生が恥ずかしがって、てあまり詳しくされなかった。だから、命の尊さを感じることができなかった。中学生は思春期だから、性についてしっかりと教育をするべきだ。したがって、体育の先生の授業の他にこれについて専門とした方をお呼びし、講演を開くべきだ。そして命の尊さを感じる機会を増やすべきだ。

虐待をなくすためには、命の尊厳、子育てに対する理解この二つが欠かせない。1948年に世界人権宣言が出された。その中でも命の尊厳について語られている。にも関わらず、日本で虐待が絶えない。子どもとは、将来の日本を担う大切な存在だ。特に現在、少子化が問題となっている。ただでさえ、子どもが少ないのに、子どもを大切できないということは大変な問題だ。だから早いうちから命の尊さを教育しなければならない。以上のことから、私は虐待をなくすには子育てに対するケアと命の尊さを感じることだ。

添削・好評3

➊主語・述語の呼応に注意。×私は、~ではないだろうか。→私は、~だろうと思う。
➋因果に乏しい。「泣いたり、はしゃいだり対応の仕方がわからないから虐待や育児放棄と言う結果に陥るのだと考える。」本当?対応がわからないと思わしくない行動をとるものだろうか。

もう少し広い視野と深い考察が必要だっただろう。社会問題を解決するために、多くの人が奔走し、それでもなお、解決には至っていないのはなぜだろう。そんな視点をもつことも大切です。

ある人の解答例4

「自分自身への信頼の方向」に向かう子どものうち、「他の子どもは知らないのに、自分だけが知っている」として天狗になる子どもと「違いだけを意識して、高慢になることはない。」子どもは、どのような思考判断をすることによって異なるのか。400字以内で説明せよ。

前者の子どもは自分が知っている分野しか見えてないがゆえに天狗になってしまうことがある。このような子どもたちは、自分が知らない分野を知ろうとしない。だから、自分が知らない分野に長けている人を知らないのだ。後者の子どもは自分が得意とする分野の膨大な知識に加えて、自分が不得意とする分野の少量の知識がある。それは自分が知らない分野もっと知らないし知りたいという興味があるからだ。前者の子どもは自分しか知らない事柄の裏に、自分以外が知っている事柄があることが必然的に理解できない。したがって専門学の頂点に立てば世界の王であるという判断を下す。もちろん、そうなると世界に何千もの王が誕生することも分かっていない。後者の子どもは自分ができないことへの挑戦をしているため、その分野に長けている人を知っている。だから、自分も他の人も違う得意分野を持っている一般人であるという判断を下す。

添削・講評4

  • 段落分けがあったほうがいい。

問題の意図するところは、果たしてそうだろか。

  • 「他の子どもは知らないのに、自分だけが知っている」として天狗になる子ども=自己評価だけで判断を下す。
  • 「違いだけを意識して、高慢になることはない。」子ども=他者評価をも吟味する。それによって、自己評価を変えることができる。つまり、最初持っていた自己評価は絶対的でないことだと知っている。

など筆者は述べており、「自己評価」「他者評価」をどう使い判断を下しているのを記述する必要がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る